N さんから大好物のミックスナッツを差し入れていただきました。

ありがとうございます!

 

麻薬でも入っているのか? と疑ってしまうほど

食べ始めたら手が止まりません 🙂

 

ローカーボの観点から言えば、ナッツは糖質や炭水化物が少ない食品です。

ですが、ナッツの種類によっては注意が必要なものもあります。

もちろん、産地や GMO にも注意したいところ。

 

糖質や炭水化物が割と多いのが以下のナッツ。

なお、ナッツの種類はたくさんありますが、

以下に挙げるナッツは「ミックスナッツ」の中に入っている率が高いものです。

 

  • カシューナッツ
  • ピーナッツ
  • マカデミアナッツ

 

対して、糖質と炭水化物が少ないのが以下のナッツ。

 

  • アーモンド
  • くるみ
  • ヘーゼルナッツ

 

というわけで、食べておいしいと感じるナッツは

残念ながら糖質と炭水化物が多めでしたね。

 

救いはアーモンドに糖質と炭水化物が少ないこと。

くるみとヘーゼルナッツは渋みが多くて食べにくいですから。

 

だからと言って、アーモンドだけ食べてればよいという単一論的な話ではありません。

全ては質と量のバランスですね。

 

今後も少しずついただいていきます。

N さん、いつもありがとうございます。