2018年7月の手作りカレンダー

 

W さんから2018年7月の手作りカレンダーをいただきました。
毎月、本当にありがとうございます!

 

7月に入り、最初の数日は暑かったですが、
その後は台風の影響により気温が下がっています。
快適なのでいいですけどね。

 

ただ、また少しすると平年並みの気温に戻るそうで、
まだ梅雨明けはしていませんが、いよいよ夏本番というところでしょうか。

 

***

 

ニュースレターにも書きましたが、夏は「熱中症」の話題が増えます。

 

おぬま治療院でも、夏の時期は来院患者さんに塩飴を差し上げていますし、
できるだけ熱中症にならないような対策もお伝えしています。
(特殊なことではありませんので誤解なきよう)

 

さて、手作りカレンダーにもあるとおり、
熱中症を予防するには「ミネラル」は欠かせません。

 

ミネラルはどんなものでもいいと思いますが、
小沼がおすすめなのは「本物の塩」です。
テーブルソルトなどの「工業用の塩」じゃなくて、本物の塩ですよ。

 

工業用の塩 = 精製塩 はミネラルを含む、
すべての栄養素がこそぎ落とされた、ただしょっぱいだけのナトリウムです。

 

ちなみに小沼が自宅で使っていてお勧めの本物の塩はこちらです。
量も入っていますが、「中国産?」とか「高っ」と感じた方は
商品の裏側を確認して、製造工程が「天日・平釜」の塩を購入してくださいね。

 

話がそれましたので戻しますが、
ミネラルを豊富に含んだ塩と真水があれば熱中症対策は十分です。

 

ニュースレターに書いた「暑熱順化」も、もちろん大切です。
汗をかける身体にしておくことにプラスして、
ミネラルと真水を摂っておけば、ほぼ大丈夫でしょう。

 

ですが、世の中には絶対 (100%)はありませんので。
睡眠不足、栄養失調、風邪などの病気といった条件が加われば、
やはり熱中症になる確率は上がってしまいます。

 

また、身体は200mlまでしか吸収できないと言われています。
ですので、一気飲みしても吸収されずに出てしまうだけですから、
少しずつ摂取しましょう。

 

ただし、スポーツの現場においては汗で出る量がまったく違いますし、
その分、ミネラルと水分を補給し続ける必要があります。
一般の方とは異なりますので、そこは脳内変換して摂取してくださいね。

 

高校時代に脱水症状で救急搬送された小沼がお伝えしました。
上手に水分を摂って、上手に夏を乗り切りましょう!

このブログを Feedly で講読しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です