昨年9月に第37期 鍼灸臨床研修会に参加しました。
※リンクは1日目の様子です

 

参加した受講生にはもれなく、
症例報告1題、予診報告3題の提出がついてきます。
やったね…… 😐

 

こういうのはあまりギリギリにしておきたくない性分の小沼。
臨床研から帰ってきて、11月までには完成させて事務局へ送りました。

 

年が明け、臨床研の総合指導員から
添削された4題の報告書が返戻されてきました。

 

叩きのめされるような手厳しいコメントを想像していたのですが、
小沼を担当してくださる総合指導員の先生はとても肯定感に溢れた方。

 

小沼は褒められて伸びる子なので(笑)、
ここがダメ、あそこもダメ、最初からやり直し……などと言われずに
よかったと安堵しています。

 

しかしながら、抑えるべきポイントに絞って添削されてあり、
来月末の検討会までにさらに煮詰めて完成させることになりました。

 

普段、カルテを眺めながら自分の施術を振り返ることはしますが、
こうして全国大会で発表するレベルの内容に仕上げることは未知の世界です。

 

総合指導員の先生にご面倒をお掛けすることになりますが、
やるからには素晴らしい内容に仕上げたいと思います。

 

タスク管理と時間管理が大切になります。
診療、報告書、会務、プライベート。
うまく回していきます。

 

当日予約は来週月曜日(2月5日)から受付再開いたします。
皆様にはご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。