半年ぶりに S さんご来院。

 

実は半年前、知人に紹介されたということで
「都内の鍼灸師のところへ行ってきます」と報告を受けておりました。

 

元々は強い首肩のコリが主訴で、気が向くと来院されていたのですが、
いつしか目が開けにくいという症状を訴えるようになり、
眼瞼痙攣の診断を受けます。

 

眼科ではボトックス注射を受けていましたが、
焼け石に水なところがあり、遂に親戚をたよって
都内で中医学の鍼灸を行う治療院を紹介してもらいました。

 

 

 

中医学と聞けば、小沼の中では、
「システマチックで万能な鍼灸」というイメージがあります。

 

ですから、S さんもかなり改善されているだろうと思っていました。

 

ところが、現実はまったくの逆。
鍼灸で悪化したという意味ではなく、刺激が強すぎて離脱してしまったようです。

 

そのショックから体調を崩され、
半年ぶりにお会いした S さんはゲッソリと痩せてしまわれていました。

 

また、この半年の間に眼科からの紹介で神経内科へ。
そこでメージュ症候群と診断されます。

 

浅学なものですから、メージュ症候群という病名を初めて聞きましたが、
S さんから「主治医はジストニアの一種だと言ってました」と聞き、
その病態を一瞬で理解できました。

 

ジストニア……むむむ。

 

以前、数人のジストニア患者さんを担当させていただきましたが、
中枢系の不随意運動ですので、まったくお役に立てなかった記憶しかありません。

 

S さんとお話をし、
ジストニアについては、あくまでも補助療法ということで
相互理解を得ることができました。

 

少しでもお役に立てるよう、
ジストニアとメージュ症候群をもう一度学び直します。