同じ日に雪深い南会津方面から患者さんが数名ご来院。
ほんと、今年は雪が酷くて、出るに出られない方が多いです。
よくぞ、お越しくださいました! という気持ちでお迎えしています。

 

「うちの近所では雪片付け中の落雪や転落で亡くなった方が2人います」
といったお話を伺うと、会津若松はまだ全然大雪じゃないのかもしれません。

 

 

 

N さんもようやくお越しになれた1人。

 

年末くらいから行こういこうと思っていたけれど、
大雪やインフル罹患やらでタイミングを失い、
結局2月の中旬以降になってしまいました。

 

もはやどこがツラいのかよく解らない、そんな状態。
そういえば、大雪の影響でなかなか来院できなかった方の多くが
みんなこのような状態でしたね。

 

身体全体のバランス、連動性を意識しながら
いつもとおり、鍼で全身の調整を行っていきます。

 

仰向け ⇒ うつ伏せで施術を終え、
もう一度仰向けにもどるときに N さんが

「完璧ですね」

と仰った。

 

完璧な施術にはほど遠いです。
ですが、N さんにはそう思えるほど、お身体がラクになったということ。

 

褒められ慣れしていないので
条件反射のようにいやいやいやいやと言ってしまいますが、
内心はとても喜んでおります 😛

 

というか、N さんがせっかく褒めてくださったのだから
素直に受け止めるのが一番なのですが、まだ難しいですね。

 

 

 

毎日のように施術のデータを集積し、
完璧を目指して研究しておりますが、
頂きはまだ全然先にあるようです。

 

そもそも頂きが見えていませんしね。

 

どんなに難しい症例でも、
どんなに長期間悩まれた症例でも、
ある一定の効果を感じていただけるよう施術するのがプロです。

 

小沼にとって完璧かどうかは関係なく、
どんな患者さんでも満足・納得していただける施術を
提供できるようになることが施術家として最大のテーマです。

 

一喜一憂しやすい性格なので、
完璧とおっしゃっていただけて浮かれないよう、
しっかり地に足つけて目の前の患者さんに全力で取り組みます。

 

今年度も段々と終わりに近づいています。
いま一度、自分の立ち位置を確認しよう。