連休は娘さんたちの部活絡みでどこに行くということもなく、
自宅でのんびりと……と思っていたのですが、
さがせば用事はあるもので。

 

自宅に新品のエアコンが設置され、猛暑ギリギリで間に合ったわけですが、
エアコンを設置する際に設備屋さんが作業しやすいようにと
周辺の片づけをしました。

 

前々から感じていたことですが、
部屋にはほとんど使っていないコーナーテレビ台やローボードがあり、
今回のエアコン設置で動かしたら廃棄欲求が出てしまい、
連休中に少しやることになりました。

 

まずは軽くて丈夫な材質のテレビ台を購入。
組み立てをしてレイアウトも完了。

 

お次は増えてきたコミック類を全部収納できる本棚を購入。
これも1人で組み立てて、コミック類もすべて収納完了。

 

実はこれでほとんど2日かかってしまいました。

 

で、欲が出て、コーナーテレビ台を運び出そうとします。
当初は分解しようと計画していましたが、
ネジが見当たらず断念。

 

ところが、これ、とんでもなく重いんです。
しかもコーナー型だから持ちにくく、
申し訳ないけど妻に手伝ってもらいました。

 

一番の難所は階段。
2階から1階へ下ろす際、とにかく持ちにくくて、
手の方ばかりに集中していましたら、
外に運び出した後、腰の強い痛みに気づきまして。

 

まずいと思って、その場ですぐセルフケアをしたのですが、
少しの効果は感じるものの、いつものようなパーフェクト感はなく。
おそらく傷になってしまったのだと思います。

 

テレビ台が持ちにくく、手ばかりに集中していて、
階段を下りるときの姿勢がひどかったことには
まったく気づきませんでした。

 

型付け作業はまだ残っていましたが急遽終了。

 

その後は自分で出来得る調整をしましたが、
やはり傷 (要するにケガですね)になってしまっている以上、
あれこれやるよりも傷の修復を助けるよう安静にしていることを選択しました。

 

翌日 (つまり今日です)は腰に違和感と少しの痛みはありますが、
動けない、歩けないということはなく、なんとか仕事できそうです。
ただ、かなり余力を残すような動きになるでしょう。

 

たまに身体を傷めて患者さんの気持ちを理解すること。
健康のよさを味わうこと。
何事もない日常に感謝すること。

 

普段から解ったつもりになっていますが、
こうして自分が不調になることで、あらためて理解できます。

 

身体の使い方が悪かったのは当たり前ですが、
こうして腰を傷めたのも何か意味があると思います。

 

自分を実験台にして過ごしてまいります。
何かの形で患者さん方にはご迷惑をおかけすることもあるかと思います。
その際はご容赦ください。