一昨日、昨日と午前中を休診させていただきました。

皆さまにはご迷惑をお掛けいたしました。

 

表題のとおりなのですが、休診させていただいて眼底検査を受けておりました。

小学生の頃から飛蚊症があり、また22,3歳の頃にある病気に罹った際、ベーチェット病を疑われ、そのときに眼底検査を受けたのですが『網膜が一部剥離している』みたいな診察結果が出ました。

レーザーで治療も可能だったのですが、保険が使えても(3割負担でも)22,3歳の若者には払えない額だったので結局そのまま。

 

で、放置すること20年。

余裕も出来てきましたので、そろそろ受けてみようかという気になりまして。

医師の所見を伺ったところ「(失明しているなら)その当時にとっくになってるよ」ということで、全く私と同意見でした。

ですが、飛蚊症自体が生理的な現象なのかを理解する機会だったので、スクリーニングの意味で眼底検査を受けることにしました。

結果から言えば、硝子体の濁りが少しある程度。これもおそらく生理的なもの(極度の近視、加齢も含めて)。

ということで網膜剥離の心配は今のところなくなりました。

とは言え、「今のところ」ですから、今後はあり得るかもしれないわけで、視野欠損などを気にかけながら過ごしていくことになりました。

 

久々に病院にかかり、患者気分を味わうのはいいことですね。

医師や看護師、他スタッフの何気ない言葉に嬉しくなったりする場面もあり、今後の治療院運営に役立てられそうです。

 

中学2年生のとき、軟式テニスのボールが左眼にメガヒットしまして、しばらく近所の眼科に通っていたのですが、その瘢痕が残っているそうです。眼底検査で医師に指摘されました(野球とかのボール当たったことない? と)。驚きですね。

また、眼底検査は散瞳剤を使いますが、検査が終わった後に別の目薬を使います。『4~5時間で見えるようになりますよ』と看護師さんに言われたのですが、9時間かかりました……。

眼底検査を受けるときは時間に余裕を持って臨みましょう。