お昼の休憩時間を使って、
コーナーテレビ台とローボードを廃棄してきました。
腰が良くなりましたからね~ 😀

 

神指の西側にあるごみ処理場に持ち込めば、
家庭ごみであれば無料で受け付けてくれます。

 

廃棄が完了して感じたことは以下の2点でした。

 

  • 初心者には優しくない
  • もう少し丁寧に扱ってほしい

 

初心者には優しくない

 

たまたま接した方だけだったかもしれませんが、
職員の対応がほんとダメ。

 

説明は分かりにくい、声は聞こえない、無愛想。
間違えるとすごい勢いで『それ違うから!』とかね。
説明が不完全だから間違えているのにね。
最初に言えよって感じです。

 

まさに社会主義の塊。閉鎖された特殊な空間でした。

 

もう少し丁寧に扱ってほしい

 

コーナーテレビ台もローボードも確かに必要ないものです。
だから廃棄しに来たわけですし。

 

でもね、つい数分前までは何年も自宅に置いてあった、
愛着 (とまではいかないけど)のあるもの。

 

それを軽トラの荷台から乱暴に放り投げたり、足蹴にしたり、
一応まだ持ち主が目の前にいるんですけど……って感じで
とても悲しい気持ちになりました。

 

小沼はそーっと持ち上げて下におろしました。
あまり使わなかったけど感謝の気持ちを込めながら。
おそらく職員は「どんくさい」と思っていたことでしょう。

 

***

 

毎日、廃棄物を見ていたら、
目の前にある粗大ごみに感情移入している暇はありません。
それが正常かもしれません。

 

でも、受付の対応や廃棄を手伝ってくれる方の仕事を見ていると、
総体的に「優しさがない」と強く感じましたね。

 

『廃棄物処理に優しさは必要ないでしょ』という意見もごもっとも。
毎日、山のように届くごみに対して、小沼もそんな気持ちはいだけません。

 

ただそうじゃなくて、
廃棄物を持ち込む人間は一般市民なので、
そこにもう少し気遣いがあってもいいかと。

 

市民はプロのごみ運搬業者じゃないので。

 

コーナーテレビ台とローボードを廃棄できて
スッキリした部屋に反比例して、
小沼のココロには何かスッキリしないものが残りました。

 

敏感すぎるのかもしれませんね 😐