今日は完全に独り言です。

また、内容が愚痴っぽくなっておりますので、そういうのが嫌いな方は全力でスルーしてください。

 

遺伝というものは自分の好みでカスタマイズできません。

親から子へ、自分では選択できずに受け継がれていくものです。

ある意味、強制的に。

 

運動や知能のように良い遺伝がなされれば無問題です。

しかしながら、性格や性質、思考パターンのような、

それが原因で、周囲に迷惑をかける恐れがある遺伝情報は受け継がれるべきではないと思います。

まあ、そういうところばかりが優先的に遺伝されやすいみたいですけど。

 

もちろん、後天的なもの、

例えば家庭環境や良識ある人たちとの出会いによって

悪い遺伝情報でもある程度は抑制できるものと思います。

 

ただ、あくまでも抑制なんです。

何かの形でスイッチが入った場合、悪い遺伝情報が読み込まれて発動するでしょう。

院長小沼は、自分の中にある悪い遺伝情報がいつ発動するのかを恐れています。

 

完全な人間はいません。

みんなそれぞれ、良いところも悪いところもあって人間(個性)だと思います。

 

ただ、院長小沼の中に眠る “悪い遺伝情報” は

個性として片付けられるレベルではないと思っています。

個性ではなく、ほぼ害悪と呼べるものでしょう(個人的な感覚として)。

 

それがいつ発動するのか……

ひょっとしたら既に発動していて、自分では気付かずに周囲の人を傷つけているかもしれない。

とても憂鬱になります。

 

よく、

「怖いお父さんの元で育った男の子は、自分が父親になったとき同じことをしている」

と言います。

 

これは確率的にも非常に高いもので、

自分が父親になったとき “気付かずに” 同じことをしている、のです。

気付かないというところが、悪しき遺伝情報の怖いところです。

 

院長小沼の中に眠る、悪しき遺伝情報は上記とは異なるものです。

そして、現状を鑑みますと、妻・義母・娘達といった家庭環境にとても恵まれていますので

発動せずに過ごせています。

 

遺伝情報を子は選べないのです。

蛙の子は蛙かもしれませんが、もしそうであっても、悪しき遺伝情報は

可能な限り発動させまいと決めています。

 

大切なのは常に反面教師を意識すること。

冷静に、理性的に過ごせるよう努めること。

 

家族を、周囲の人たちを悲しませないよう、

悪しき遺伝情報を目覚めさせないために今後も徹底していきます。