我が家の洗濯事情

本日で連休終了。

ぽつりぽつりと患者さんがお越しになられ、うれしい限りです(*^^*)

そして、皆さん新コロに辟易とされているご様子。

さらに「なんかおかしいぞ」と感じている方も増えているように思います。

 

DSC_0457

 

小沼家では「マグちゃん」を使い始めて3年が経過しました。

マグちゃんについては当院にお越しの患者さんはすでにご存知だと思いますので詳細は割愛させていただきます。

 

それで、そろそろ1年が経過するのでマグちゃんを交換するとともに我が家の洗濯事情を書いてみようと思います。

 

基本的にはマグちゃんたけで洗濯しています。

ですが、汚れ具合や洗濯物の量によって我が家ではいろいろ付け足しています。

 

まず、洗濯物の量は常に8割。

これより多いと洗濯効率が落ちてしまいます。

 

それから酸素系漂白剤 (過炭酸ナトリウム)。

これを洗濯機の粉洗剤ポケットに大さじ1杯入れています。

マグちゃんを使っても生乾き臭がしてしまうことがあり、その防止に酸素系漂白剤を使っています。

 

これらに加えてシャボン玉スノールをほんの少し (10mlほど)入れることがあります。

汚れ落ちがさらによくなり、繊維もフワフワになります。

 

そして、クエン酸 (こだわるなら食用のものを)。

これは500mlのペットボトルにティースプーン3杯入れています溶かしておき、洗濯機の柔軟剤ポケットに入れています。

スノールを使ったときは石鹸カスを溶かしてくれ、黄ばみ防止になります。また、殺菌作用があるので部屋干し臭をゼロにしてくれます。マグちゃんで洗えば部屋干し臭はありませんが、念には念を入れて……といったところです。

 

我が家の洗濯事情をお伝えしました。

添加物を使わない、人体と環境に負荷をかけないものです。

合成洗剤じゃないと汚れが落ちない、柔軟剤を使わないとゴワゴワする、と信じている人には、いきなり変えるのは難しいでしょうが、1週間でも試してもらえたら全然問題ないことを気づけると思いますよ。

 

今後、より環境によい製品を選ぶことがデフォルトになっていきます。

気温があがり、洗濯物を外に干せる季節になってきました。

あなたもナチュラル洗濯、いかがですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

猪苗代の桜