結局、こんなものです

 

日本医師会の中川俊男会長がやっちゃいました。

年末のおかしな会見からすでに「医師会って国民に自粛勧告できるほど偉い組織だったっけ?」と、異常感はありましたが、政治家同様にこういった方々もコロナが茶番だと知っております。知っているからこそ、都内でマンボウが適用されている最中に自らが発起人となって政治家のパーティーに参加するんですよ。

仮に新型コロナがそれそれは恐ろしいウイルスだったとしたら、組織の長としてわざわざパーティーに参加なんてしないでしょう。もし感染・発症でもしたら、自院の患者さんやスタッフさんにだって迷惑がかかりますからね。

最近思うんです。
こういう風に分かりやすい形でミスを出しておき、国民に「新型コロナは茶番でした」と気づいてもらうための作戦では? と。だって、あまりにも雑過ぎますし、露骨ですものね。

メディアによって洗脳された皆さん、そろそろ怒ってもいいと思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です