おそらく永久に排除できないでしょう

国内でのワク接種が順調に増えている今日このごろ。

ワク接種者にはかける言葉も見つかりませんが、もしあるとしたら ”せめて残された余命を楽しく過ごして下さい” くらいしか言ってあげられない。早ければ今年の秋冬に ADE(抗体依存性免疫増強)による死亡が急増するとされてます。

それで、ワク接種と言えばスパイク蛋白の話になります。これ、ずっと調べていますけど全くもってポジティブな話が出てこない状況。出てくるのは未接種者への伝播(シェディング)ばかり。現状、国内でも頭痛/水様性下痢/蕁麻疹/不正性器出血/嘔気・嘔吐/筋肉痛・関節痛/全身倦怠感などが主な症状として報告されています。何が酷いって、ワク接種者が未接種者にこのような症状を発症させてしまうこと。だから、ワク接種者の方が隔離されないと駄目なんだって。

 

 

それで、少し前ですが気になるツイートを発見(上に貼ってます)。

ワク接種者の血液を調べた所、スパイク蛋白が消えることなく血液中を循環しているらしい。また、中和抗体はほぼ消滅しているため、メディアや専門家が言う「発症を抑える働き」すらゼロってこと。つまり、やった意味なしということ

新コロについてだけ言えば、ワクを接種してもしなくても変わらないみたいですが、このツイートが確実であるならば、ワク接種者にはもれなく一生排除できないスパイク蛋白がプレゼントされることになります。デトックスしても意味ないですから。

そして、以前も書きましたが、このスパイク蛋白が生来持った自然免疫を失わせる方向に働くこと、同時に ADE(抗体依存性免疫増強)が発生する要因となると思われます。

それで、このスパイク蛋白についてですが、冒頭で書いたとおり、未接種者に症状が出ます。つまり、どんどんワク接種者が増えている現状を鑑みると、今後は未接種の方は誰でもいつでもシェディング被害を受ける可能性が高くなるということです。

現在、いわゆる「未接種暴露例」をまとめている方もいて、下に貼ったツイートを追っていかれるとたくさんの報告があります。ぜひ御覧ください。

 

 

ということで、当院もそろそろ本格的にワク接種者への対処(予約・来院の禁止)を行っていきます。今後は接種予定を公言している患者も対象としていきます。

自分と家族の身を守るため、そして、自分と同じ信念を持つ方とつながっていたいという欲求からです。1年以上新コロについては説明してきた、様々な資料も渡してきた、うつみんの本も渡した、それでも「射つ」という方に対して小沼にはすでに止める気力もないし、今後、施術者と患者という間柄でもいたくないですしね。

CS 発症時もそうでしたが、おぬま治療院では第3次振り分け作戦が行われる予定です。未接種の患者さんが安心して来院できる環境を整えていくには、ある程度の排除は致し方ないのかな。

とにかくこのような対処をしなくてはいけないのが残念すぎます。対象者の皆様、どうかお元気で。

おそらく来年くらいにはブースターと称して3回目、4回目のワク接種が開始されるでしょう。言い方は悪いですけど、1,2回で思ったほど人口を減らすことができなかったため、3回目以降はもっと本腰いれてやるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です