寒晒しカレンダー

 

一気に冬の様相を呈してきました。

周辺の山々が真っ白になっているのを見ると、雪の季節が来たなぁと憂鬱になります。

 

11月もあっという間に終わりに近づき、いよいよ2019年最後の月がやってきます。

来年の準備の中にはカレンダーも含まれていて、治療院に貼る予定の2020年版カレンダーも購入しました。

通常のカレンダーとは逆で、黒バックに白地のカレンダーなので非常に見やすいんですね。ちなみに (公社)日本網膜色素変性症協会謹製です。

 

見やすいカレンダーではあるものの、わざわざ黒に染色しているのでインク臭が凄まじい(^_^;)

ノン VOC インキで作られていないこともあり、上画像のように1ヶ月以上は外気と紫外線にさらしておかないとインク臭が取れず、治療院に貼れません。

網膜色素変性症には詳しい団体ですが、化学物質過敏症には詳しくないようですね (当たり前か!)。

 

というわけで、今年もそろそろ寒晒しカレンダーが完成しそうです(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です