適正価格へ

ニュースレターを発送して半月ほど経過しました。
今号も楽しんでいただけましたでしょうか?

 

さて、今年の1月から、既存患者さんには
施術料金を適正価格にさせていただきたい旨のお手紙を
お渡しさせていただくともに小沼の気持ちを伝えさせていただきました。

また、今回のニュースレターの中にも書かせていただきました。

 

 

 

小沼は年間でいくつものセミナーや研修に参加しております。
これらは自己満足のために出かけているのではなく、
患者さんに還元するために出かけています。

 

そして、これまでは素晴らしい内容のものを持ち帰っても
すべて無償で還元してきました。

 

しかしながら、
ここ3,4年は無償で還元することに疑問を感じておりました。

 

セミナー費や研修費を回収したいということではなく、
このまま無償で還元した先には、なんでも「サービスという括り」で
理解してしまう患者さんが増えてしまうことへの恐れでした。

 

現状、そうした患者さんが増えていることも事実です。

 

ですから、適正価格化への前段階として、
昨年9月におぬま治療院のコンテンツである、
ストレスケアを有料化する決断をいたしました。
(当時は無料でやっていました)

 

結果、どうなったかといいますと、
7割程度の患者さんは良さを理解してくださっており、
有料化にした現在でも受けてくださっています。

 

3割程度の患者さんは、
「無料だから受けていたけど、有料になるならいいかな」
という感じです。

 

研修の内容を還元することに
理解を示してくださる患者さんがいる一方で、
学んできたことの価値が伝わらない方が一定数いるということです。

 

決して、後者のタイプの方を非難しているのではなく、
どんな世界にも一定数存在するので、これはしょうがないことです。

 

ただ、わがままを言わせてもらえるならば、
前者のタイプの患者さんと楽しく診療していきたいと考えています。

 

 

適正価格にすることの理由については、
もう一つあります。

 

それは小沼の人生の時間です。

 

どんなセミナーに参加するにしても
小沼の人生の時間を消費して参加しています。

 

もちろん、患者さんに還元することなく、
自己完結するようなセミナーであれば、
価格に反映させてはいけません。

 

ですが、どのセミナーも
患者さんに還元することを前提に申し込みをしておりますので、
今回は価格に反映させていただきました。

 

 

 

価格が変わるのは今年の7月1日からです。

 

実際には新患さんや1年以上来院がない患者さんは
昨年9月から新価格にて診療しております。

 

当院は ”既存患者さん優先” の考えですので、
既存の患者さんは6月30日までは現在の価格で施術させていただきます。

 

価格改定はシビアな問題であることは承知しております。
現状、理解を示してくださっている患者さんが7月になった途端、
来院されなくなる可能性も大いにあります。

 

ですが、決めたことです。
小沼が決断できないでいたら、それこそ患者さんに迷惑をかけてしまいます。
今回は怖い決断をあえて行いました。

 

価格改定ギリギリまで既存患者さんの利益は守ります。
価格改定後も常に学術の研鑽に励み、意識の高い治療家でいることを誓います。

 

7月以降も応援いただけたら幸いです。
どうぞ、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です