お別れ、気持ち新たに

 

転勤族の S さんご来院。

 

おぬま治療院にお越しになってから、
5月で丸3年になる患者さんです。

 

会津に来てから3年目の春、
ついに異動が命じられました。

 

先日は最後の施術だったわけで、
S さんと出会えたこの3年間に感謝しつつ、
4月から新天地でのご活躍を願いながら調整させていただきました。

 

施術が終わって、お会計のときに
いつも通りの歓談にあわせ、これまでのお礼を述べさせていただきました。

 

そうしたら、S さんからは思いもよらぬお言葉が。

 

「また来ます。1ヶ月に1度くらいしか来れないけど。」

 

小沼の頭の中には無数の「?」がきらめきます。

 

最初は「また転勤で会津に異動することになったら来ます」
という意味で聞いていたのですが、1ヶ月に1度とは……?

 

 

 

S さんは今春から新潟県の Y 町に異動されます。
どうやら S さんはそこから、おぬま治療院まで通院される決断をされたようです。

 

おそらく、片道3時間はかかる距離。
それでも通うとおっしゃってくださった S さんのお気持ちに
動揺しつつも嬉しくなった小沼。

 

「3年前は本当に酷い腰痛で、
でも(おぬま治療院で)本当に良くなったので。」

 

確かに初診の頃はひどかったですね。

 

それが気づけばフルマラソンに出場したり、
新幹線に乗って函館マラソンに出場したり、
山登りしたり、

とってもアクティブになれた S さんを
小沼は知っております。

 

正直言いまして、S さんとのお別れは寂しく、悲しかったので
私的には願ったり叶ったりな展開になりました。

 

しかしながら、
片道3時間の距離でも構わないと決断された S さんのお気持ちに応えるため、
気持ちを新たにお迎えしないといけません。

 

長距離を移動してでも受けたい施術を提供できるように。
その価値を、効果を、空間を感じていただけるように。

 

また新たな課題ができました。
トータルで満足していただけるよう、精進いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です