スポーツドリンクについて

酷暑です。
40℃を超える地域も出てきています。

 

テレビやネットでは熱中症で亡くなったニュースを毎日やっています。
救急車も朝から晩までひっきりなしです。
今朝も娘を学校に送り届けた後、救急車が脇を通過していきました。

 

そんな中、遅刻もせずにお越しいただける患者さんに
感謝するとともに尊敬いたします。

 

暑い中、本当にありがとうございます。

 

***

 

熱中症の予防にはいくつかありますが、
まずは水分、そしてミネラルを豊富に含んだ塩は必須です。
そこに身体の冷却ができたら鬼に金棒です。

 

道行く方を観察していますと、
やっぱり多いのはポカ〇スエットに代表される
スポーツドリンクを携行している方々。

 

小沼も小さい頃はがぶ飲みしてましたね。
今は絶対飲みませんけど。

 

何が入っているのか成分表示を確認してみましょう。
今回はポカリ〇エットの成分表示です。

 

砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)

※画像は大塚製薬のページをキャプチャしたものです

 

成分表示は割合が多いものから順番に記述される決まりになっています。

 

見てみますと、
『砂糖、果糖ぶどう糖液糖』が1番と2番です。
砂糖に砂糖水を加えてあり、ポカリス〇ットは、ほとんど砂糖の塊ですね。
ちなみに、スティックシュガーに換算すると11本分です( 500ml の場合)。

 

食塩はおそらく工業用の塩です。
ミネラルなんぞ入っていません。

 

ここで知っていただきたいことは
砂糖や果糖などの糖分は身体が処理できないということ。

 

そして、その糖分を身体から排出する際に
身体の中のミネラルを大量に消費するということです。

 

つまり、何が言いたいかというと、
スポーツドリンクを飲めば飲むほど、身体の中のミネラルは失われていきます。
それは結果的に熱中症を引き起こすということです。

 

何が言いたいかはもう分かりますよね?

 

砂糖の過剰摂取がはなはだしい日本。
熱中症が増え、毎年 1,700 人以上がなくなっている原因は
ただ気温が高いだけはないと思います。

 

熱中症や脱水で救急搬送されると必ずされる点滴。
点滴に味 (甘味)なんかありませんからね。
気づきましょう 😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です