注意するに越したことはない

2週間ほど前に新型コロナの報道について少し書きましたが、当初の想像を少々上回る事態になってきています。とはいえ、中国からの旅行者の入国拒否をしないのですから当たり前といえば当たり前ですね。

 

小沼も含めて自分でできることはとても基本的なことだけです。インフル/新型コロナ関係なく、養生の基本的ですが、これらが最強だと思います。

・必要以上に恐れない

・睡眠をしっかりとる (疲れを残さない)

・食べすぎない (腹六分目~八分目・よく噛んで食べる)

・身体を酸性に傾けさせない (肉類・甘いものを摂りすぎない)

・身体を冷やさない (お風呂で汗がでるまで温まる)

但し、以下に代表される「基礎疾患」をお持ちの方は要注意です。
慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、慢性腎疾患、慢性肝疾患、神経疾患・神経筋疾患、血液疾患、糖尿病、悪性腫瘍、関節リウマチ・膠原病、内分泌疾患、消化器疾患、HIV感染症、その他の免疫抑制状態にある人など。

 

それから、国内での発症数が微増しています。しかしながら、国内一例目で分かりますが、体力や免疫力がしっかりしていれば仮に発症しても軽快します。今回の奈良県のバス運転手も安定しているようですし、北海道で発症した中国人旅行者も軽いようです。

また、死亡したと報道されているのは余程の重症例でしょうし、死亡者がどんな方だったのか内訳が一切報告されいません。おそらくは高齢者や基礎疾患をお持ちの方だと思われます。「死亡した事実」と「死亡した人数」という不穏なワードが不安を煽りますが、出された情報だけで右往左往しないことです。

国内だけでなく日を追うごとに発症者数や死亡者数が増えていくと思いますが、ふつうの健康な状態であればそれほど恐れる必要はないと思います。ここは2週間前の考えと変わりません。

マスクは少し役に立つようですが、その辺に撃っている薄っぺらの使い捨てマスクは意味ありません。N95 しか推奨できませんが、この騒ぎで高騰・入手困難になっています。

 

少し前に第四級アンモニウム塩の危険性についてエントリーしました。この成分をふくむ除菌剤/殺菌剤/漂白剤は COPD (慢性閉塞性肺疾患)の原因になることが明らかになっていますので、新型コロナが怖いからといって使用することは避けてください。

また、エタノール (アルコール)での殺菌も常在菌まで殲滅することになるため、まったくオススメできません。例えるならば、テロの首謀者を殺すために周辺で警備している警察官や自衛隊も一緒に空爆するようなものです。

 

いつも書いていますが「感染 = 発症ではない」ということを肝に銘じてください。意味が分からない方は「不顕性感染」で検索を。

 

最後に少々きなくさい情報を。

コロナウィルスというものが自然に発生したものではなく、マンメイドであるという事実。複数の会社が作っていて、その内のひとつがイギリスの The Pirbright institute という会社です。

もちろんパテント (特許)もあり、サイト ( https://patents.justia.com/patent/10130701 )にて詳細が確認できます。アメリカでの特許番号は10130701。

The Pirbright institute の筆頭株主にビル・ゲイツのゲイツ財団や WHO が入っているのもなんだかなぁって感じです。ケムトレイルの件がありますからね、ゲイツ財団。

 

武漢市には「中国科学院武漢国家生物安全実験室」という世界でトップレベルのウィルス実験室もあります。このことから SARS と同様に今回もバイオテロではという見方が多いですが、真相はよくわかりません。

また、武漢市から遠く離れた広東省でも同時期に発生していることから、近くにある香港を狙ったのでは? という情報も散見されます。これも真相はよくわかりません。ただ、デモがウィルス騒ぎで沈静化されたら……と願う人はいるでしょう。

コロナウィルスが人工的に作られたウィルスであるならば、ワクチンビジネスは必ずセットになっているだろうと予想しています。

 

と、最後は煽るような形になってしまいましたが、上述したような養生をしていれば「基本的には」大丈夫だと思います。

内海先生の動画です。これをトンデモとみるかどうかはご自身の判断にお任せします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

とにかく練習