新型のコロナ感染症予防対策についての共同宣言

 

厚生労働省は、自粛の必要性について、その科学的根拠を示すべきである。 また、新型コロナウイルスの存在を示す根拠となる科学論文を示すべきである。
武田邦彦・吉野敏明・大橋眞・矢作直樹・藤井聡・内海聡

http://www.werise.tokyo/declaration/

 

新型コロナウイルス騒ぎが始まってから、メディアや御用学者とはまったく正反対の考えで「この騒動はウソです」と注意喚起されてきた方々がおられます。

冒頭の画像でお分かりになる方は少ないと思いますが、この方々が春先からずっと頑張っておられる現役医師や教授の方々です (実際にはもっと大勢いらっしゃいますが、代表格として前面に立たれています)。

何の根拠もなく反論するのではなく、しっかりとした裏付けや不正・捏造のない客観的なデータを用いて新型コロナウイルスに関わる様々なウソ、矛盾を説いてこられました。

 

錚々たるメンバーが今回提言されたのは「新型のコロナ感染症予防対策についての共同宣言」ということで、厚生労働省とメディアに対して5つの要望をされています。

ここで詳細に記載するよりも WeRise のサイトへ行っていただいた方がよろしいでしょう。序文から始まり、5つの要望すべてにおいて、この騒動の矛盾点を指摘してくださっています。

 

この提言を読まれて肯定的に受け止められる方は ぜひ署名をお願いできませんでしょうか

サイトの最下部に署名するボタンがありますので押下していただくと署名サイトへ移動します。募金も募っておりますが任意です (小沼は1,000円だけ)。

お名前とメールアドレスがあれば署名ができますが、自動返信されたメールの中にある URL にアクセスすることで完了する点だけご注意ください。おそらく bot 対応かと思われます。

署名は来年1月31日が締め切りです。

 

現状の騒動に矛盾を感じ、未来ある子どもたちのために何かをしたいという皆様。

ご協力いただけるならば、ご署名よろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です