川端の埋め立て

台風一過とともに過ごしやすい気温になりました。昨晩はエアコンなしで就寝した方も多かったのではないでしょうか。

過ごしやすいということは身体がラクに感じる反面、気温が下がるということですから、温度差によって身体の中に炎症が起きやすくなり、その結果として免疫力低下を招きます。夏風邪をこじらせる要因にもなりますのでご注意を。

また、体調不良に陥ったとしても基本は栄養と睡眠で事足ります。余程のことがない限りは病院を受診することのないようお気をつけ下さい。無駄に PCR を受けさせられて感染者にされますので。

 

 

さて、去る8月5日、お祓いを済ませた川端の埋め立て工事が開始されました。

まずは水を抜き、金魚たちを救出します。金魚たちは工事監督の自宅とそのお知り合いの家に嫁いでいきました。

 

 

3時間後くらいには水を抜き終わった川端に土が搬入されていました。めちゃくちゃ仕事が早くで驚きます。

 

 

さらに数時間後、そこに川端があったのかも分からなくなるほど盛り土していただきました。重機で相当回数圧縮していますので、土の上に立っても不安定感はありません。

 

 

さらに土を増やして、隙間を埋めていきます。ここまで来ると段差もなく、川端があったことが逆に違和感を覚えるほど、普通に庭になっています。

なお、ここまでの工程が8月5日です。そう、つまり一日でここまで仕上げてしまったということ。職人さんたちのスキルって本当にすごいと思います。

 

 

そして、翌日の朝に大量の砂利を運んでくださり、それを敷き詰めて作業終了。まさかの一日半で川端が庭になってしまいました。金魚も無事に嫁ぎましたし、川端の埋め立ても完璧に終了しました。

もっと日程がかかると思っていましたが、いやはや早業にもほどがあるだろうとツッコんでしまうほどのスピード作業でした。

自分にできないことができる方を本当に尊敬しますね。これ、自力でやっていたら気の遠くなる作業ですものね。もし一人でやっていたら、年末までに終わっていたかどうか……。

やはり餅は餅屋です。プロに任せることって大切ですね(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です