「陽性者=感染者」をやめよう

横浜で相次ぐ「陽性」取り下げ 抗原検査、簡易迅速も精度低く 市「症状みて総合判断を」

 

横浜市で新型コロナウイルスの疑いがある方が抗原検査を受け、陽性者として発表されたものの、それを訂正している事例が相次いでいるようです。

横浜市としては「症状をみて総合判断を」とおぬかしになっているようですが、無症状の感染者 はどうすればよろしいのでしょうか?

無症状の感染者という言葉を作った方、これを採用し報道を使って煽ってきた方、どうやって総合判断すればよろしいのですか。教えて下さい。

 

上画像を閲覧もしくはリンク先を訪問していただければわかりますが、PCR 検査の精度を高いと記載している時点でウソ。

さらに抗原検査は PCR 検査よりも精度が低いのです。

新型コロナウイルスの判定を精度の低い2つの検査に任せている今の状況はどう考えてもおかしいです (春先から言ってますけど)。

 

そして、いまさら書くことでもありませんが「陽性者=感染者」としてカウントしていることが大間違い。

その間違ったデータが毎日のように「今日の感染者数は○○人増えて○○○人になりました」となるわけです。

この間違いを押し通すのであれば、【スギ花粉が服に付着していたからあなたは花粉症です】【ガン細胞が確認されたからあなたはガンを発症しています】と認定しているのと一緒ということでしょう?

ガン細胞は健康な方でも一日5,000~10,000個、毎日生まれています。それをあなたの身体の中にガン細胞がいるからあなたはガンです、とは強引すぎます(^_^;)

でも、なぜか新型コロナではそれがまかり通っています。おかしいですよね。

 

政令改定によって入院措置が緩和することは先日書きました。

検査についても、誰にでも検査することはもう止めるべきです。

もう1週間ほどするとインフルエンザのワクチン接種が一般の方にも解禁されます。おそらく早い段階でエピデミック (学級閉鎖など)が起こることでしょう。

学校や会社でインフル感染者が出た場合、全員インフルの検査するのですか? ってことです。しないでしょう?

 

なぜか新型コロナウイルスだけ「特別扱い」なんですね。

さぁ、なぜでしょうか。

考えてみましょう(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

少しずつ