滞在5時間

20170621_112803926

 

昨日は臨時休診をさせていただきました。

画像は実家の隣駅「久喜駅」の西口ターミナルです。

久喜駅に降り立つのは十数年ぶりのことでした。

 

70を過ぎてくるとさすがに色々ありまして、

久しぶりに母親の顔を見て、話をたくさんしてきました。

 

わざわざ仕事を早退してくれた姉と合流して、近くのイタ飯屋でご馳走になり、

また母親のところに戻って、談話コーナーで座位のまま治療。

あ、もちろん鍼はしてませんよ 😉

ついでに姉も立位で治療。

2人共、肩関節の痛みがなくなったと喜んでいましたね。

 

わずか5時間足らずの滞在でとんぼ返りでしたが、

顔を見れて、話もできて、治療も受けてもらえて、

私も良かったし、きっと母も良かったのではないかな。

こうした時間が治癒への一助となれば嬉しいですね。

 

治療という物理的な施しで良くなるのではなく、

顔を見て話をすることやその場を一緒に共有することで

良くなるのだと、改めて感じた次第。

 

兄は仕事が多忙で会えずじまいだったけど、

またお盆にゆっくりと会いたいね。

 

こういうときだけしか会いに行けない親不孝者ですが、

またこれから少しずつ親孝行していけたらと思います。

 

まずはお盆のスケジュール調整から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です