再会できるその日まで

当院の患者さん、あるご病気で現在療養中。

療養期間が長くなるのは必至であり、勝手ながらご家族様に応援メッセージを届けていただきました。

 

先日、患者さんからお電話があり、30分ほどでしたが声を聞けてうれしかったです。

応援メッセージをいただきっぱなしで申し訳ないと謝る患者さん。ご自身のことでつらく、大変だというのに。

もうね、小沼のことはどうでもいいんです。手紙はもらいっぱなしで構いません。

ですから、返事もできなくてごめんなさいとか、言わなくて大丈夫ですから。

 

電話している間は患者さんが治療院に来られ、いつもと同じように帰りがけに少しお話していく、そんな感覚でした。

おそらく治療は大変なはず。でも患者さんと約束しました。

『元気になって治療院でお会いしましょう(*^ω^*)』と。

 

首を長くして待ってます。

キリンみたいになっちゃうかもしれませんけど待ってます。

再会できるその日まで。

 

小沼も学術の研鑽だけでなく、患者さんが復帰されたときにもっと驚いて、楽しんでもらえるような、そんな治療院にしておきます。

いつか会えるその日を目標にして、精進していきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です