今日は冬至 ~一陽来復~

今日は冬至です。昼間が一番短い日。

冬至の日を境に少しずつ太陽の出ている時間が長くなります。諸説ありますが、1日1分長くなるとか。単純計算で1ヶ月30分ほど陽が伸びるということですね。

そして、冬至は ”陽が育ちだす日” とも言えるそうで、それを「一陽来復」と言うそうです。初めて耳にした言葉です。

一陽来復は冬至を指し「冬が終わって春が来ること」という意味から、年賀状でも使われる縁起の良い言葉とのこと。今まで年賀状をたくさん頂いてきましたが、一陽来復の文言を見たことがありませんでした 😆 

「冬が終わって春が来ること」ということは「悪いことが続いた後、幸運に向かうこと」という意味にも取れますし、一陽来復にはそのような意味もあるそうです。2年続く新コロ騒動、どんどん悪い方へ向かっていて収束(終息)の目処すら立ちませんが、幸運に向かうことを祈るばかりです。

柚子湯に入って、かぼちゃを食べて。新コロに罹ることはまずあり得ませんが今冬を元気に乗り切りたいですね 😉 

冒頭の画像はネットからお借りしましたが、ゆずじゃなくてみかんでしたね(笑)

 

当院は 香料で体調を崩す方を受け入れている鍼灸院 です。「香りが長続き」「本格消臭」などと謳う、柔軟剤や合成洗剤などの香料製品を日常的に使用している方は予約・来院をご遠慮ください。また、新型コロナワクチンを接種できない方を保護する観点からワクチン接種済みの方もご遠慮いただいております。詳しくはこちらをご覧ください

ワクチンを射ってしまった方、香料製品がやめられない方は 遠隔治療をお試しください。来院せず治療を受けることが可能です ⇒ 遠隔(波動エネルギー)治療のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です