2018年3月の手作りカレンダー

 

W さんから、2018年3月の手作りカレンダーをいただきました。
ありがとうございます!

 

本当は1週間以上も前にいただいていたのですが、
ブログの更新が遅くなってしまいました。
W さん、ごめんなさい。

 

 

 

今月は花粉症の症状を和らげる食材がテーマですね。

 

青魚、きくらげ、ふき、黒酢。
小沼が常食しているものは1つもありません。
青魚と黒酢は意識すれば日頃から摂取できる食材ですね。

 

今まで「これがよい」「あれがよい」と
様々な食材が紹介されてきましたが、
紹介されたものを摂取するだけで他は何も食べられなくなる、
そのくらい多種多様な食材が紹介されていますね。

 

 

 

花粉症の症状を和らげることも大切ですが、
個人的にはアレルギーの反応が起こらないような生活を
心がけることの方が大切だと思います。

 

日頃の生活は変えずに、
そのとき出てきた症状だけを抑えるようなことをしていたら、
いずれ身体が破綻すると思います。

 

ストレスもそう、食事もそう。
(これだけではないですが)

 

数え上げたらキリがないですが、
でも、少しでもそれを変えていく努力や
身体にとって有害なものを避ける行動は必要です。

 

目の前の症状がラクにさえなればいい、
不都合が消えればいい、

なんて、目先の欲を優先にして生活していると
いつか足元をすくわれると思っているのは小沼だけでしょうか。

 

どんどん重い方向に話が進んでしまうのでこれくらいにしておきますが、
物事を根本から変えていくことって、とても難しいです。
だからラクなことを選んでしまうわけですが、
ここに落とし穴があると思います。

 

たかが花粉症、されど花粉症。
今一度、症状が出るその意味を考えてみましょう。

 

そして、それをただ抑えるだけでよいのか?
そこも改めて考える必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です