N さん、今年初めてのご来院。
今年も精一杯がんばりますので、よろしくお願い致します。

 

いつもご来院ごとに差し入れをしてくださる N さん。
しかも、「忙しい合間に簡単に摂れるからいいでしょ♪」と
そこまで考えてくださいます。

 

栄養ドリンクをグビグビしながら、
カシューナッツをさっと口に放り込んで診療を続けています。
N さん、いつも心温まる差し入れをありがとうございます 😛

 

 

 

今日は左腰が痛くてね……と N さん。
普段は肩コリが主な症状ですので、珍しいことです。

 

問診をしていくと、
お鍋に火をかけたままウトウトしてしまい、
焦って炬燵から立ち上がろうとしたら左腰がピクッと。

 

幸い、お鍋は焦げることもなく、
動けなくなるほどのギックリ腰でもなく、
本当に程度の軽い急性腰痛症といったところでしょうか。

 

ベッドに仰向けになった際、「右腰が浮いてる~」と。
骨盤がねじれているために、強制位である仰向けになると
浮いた感をハッキリと自覚されるのでしょう。

 

腕や脚、お腹などのツボに軽く触れる程度の鍼刺激。
他愛もない話をしながら15分ほどで刺激完了。

 

もう一度仰向けに戻ってもらうと、
「あれ?、右腰が浮いてない!?」。

 

側屈や後屈など各種動作をしていただき、
左腰に誘発される痛みが消失していることを確認して施術終了。

 

 

 

普段から寝起きや立ち上がりはゆっくりね、
とお願いしているわけですが、
焦っているときはしょうがないのかもしれません。

 

ただ、パッと動くということは、
それ相応に身体もビックリするので
どこかを傷める可能性も高くなります。

 

おぬま治療院では、身体を傷めにくい基本的な動作を
患者さんにお伝えしています。

 

普段から基本の動作を意識していただくことで、
身体への負担を軽くすることができます。

 

それは結果的に気づかない狂い(崩れ)を防止することになり、
痛みや違和感なく日常を過ごすことの起点になります。

 

あなたも基本の動作を知りたくないですか?
とても簡単なことですが、気づきにくい動作です。
ご自身の日常の動きを確認し、修正することも意義がありますね 😀

 

勘違いして欲しくないのですが、
基本的な動作を行うことによって、
痛みや違和感が出なくすることはできません。

そこはメンテナンスの出番になります。
これについてはまた別の機会に書きますね。