緊急事態宣言は無意味だった (ようです)

 

先日、大阪で専門家会議が開催されました。

フル動画はこちらです ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=NC-HQXadQ8E

 

緊急事態宣言も自粛も効果がなかったと専門家が締めています。

吉村知事の宙を仰ぐ顔が印象的です。「そんなアホな……」

 

上の動画はフル動画の一部をカット (つなぎあわせの編集はしていません)していることもあり「その前後のやり取りを観ずに偏ったことを言うな」と反論する方もごく少数いるようです。

小沼は念の為にフルで視聴しましたが、そもそも上動画で発言した以外の専門家 (特に座長)が偏った知識で発言していて、完全に御用になっているので参考にすらなりません。

1720年ペスト、1820年コレラ、1920年スペイン風邪。これらすべてのパンデミックは消毒やワクチンなど、物理的な方法で抑え込んで勝利していません (できていません)。すべて 集団免疫の獲得で勝利 してきました。

全国で施行された緊急事態宣言と自粛、さらに加えてマスクや消毒はまったく無意味だったと思います。

 

 

そして、こんな記事もあります ( https://jp.techcrunch.com/2020/03/20/2020-03-18-twitter-coronavirus-covid-19-misinformation-policy/ )。

要約すると Twitter が新型コロナの真相を暴露するツイートの削除を強化した ということです。

デマではなく、真相をつぶやくと削除されるという。まさに言論統制ですね(^_^;)

真相を削除し、どうしても感染拡大しないといけないようです。それはつまり、ワクチン強制 (ビル・ゲイツ氏謹製の方)が目的ということです。

厚生労働省も新コロワクチンの全国民強制接種を計画しているようですから。

 

「え? それやばくない?」と少しでも気づく方が増えることを祈るしかありません。

今日は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ショックドクトリン

次の記事

これが現場の声です