蚊に刺されたときはお灸がいいですよ

昨晩の風はすごかったですね。
そして、明け方の雨。
少しでもダムの貯水率が復活しますように……。

 

早朝4時30分、長男にしつこく鳴かれて起こされる小沼。
外はどしゃぶりの雨ですが、彼は散歩に出たいそうです。

 

しょうがないので軒下を移動するのですが、
雨が跳ねるので長男はうずくまってしまうんです。
そうなると動くまでが長い。

 

一緒になって軒下に立っていたのですが、
10分ほどしたら足首やふくらはぎ辺りがむずがゆい。

 

見ると、両足を計6箇所、蚊に刺されておりました 🙁

 

徐々にかゆみは強くなり、最初は見た目にも小さかったふくらみは
どんどん大きくなって小豆大くらいまでに。

 

もう痒くて、早く散歩を終えたい気持ちでした。
しかもよく見るとずっと蚊が足元を旋回しているんです。
ヒャー!

 

長男の散歩を終え、すぐに向かったのは治療院。
お灸の準備をするためです。

 

チクリと感じる程度の少し熱いお灸をすえると途端に痒みがなくなります。
あー、よかった。

 

***

 

以前から痒みとお灸の相関性については身をもって体験していましたが、
詳しいメカニズムまでは分からずにいました。

 

残念ながら現在も科学的に解明されていないようで、
なぜ効果があるのかはわかっていません。

 

でも、温熱刺激は痒みに効果的ですよ!
ということは自信をもって言えます。

 

蚊の勢力が強くなるのはこれから。
「蚊に刺されたときは温熱刺激」、これ覚えておいてくださいね 😉

 当院は 香料で体調を崩す方を受け入れている鍼灸院 です。「香りが長続き」「本格消臭」などと謳う、柔軟剤や合成洗剤などの香料製品を日常的に使用している方は予約・来院をご遠慮ください。また、新型コロナワクチンを接種できない方を保護する観点からワクチン接種済みの方もご遠慮いただいております。詳しくはこちらをご覧ください  ワクチンを射ってしまった方、香料製品がやめられない方は 遠隔治療をお試しください。来院せず治療を受けることが可能です。詳しくはこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。