ナッツの糖質のお話

 

N さんから大好物のミックスナッツを差し入れていただきました。

ありがとうございます!

 

麻薬でも入っているのか? と疑ってしまうほど

食べ始めたら手が止まりません 🙂

 

ローカーボの観点から言えば、ナッツは糖質や炭水化物が少ない食品です。

ですが、ナッツの種類によっては注意が必要なものもあります。

もちろん、産地や GMO にも注意したいところ。

 

糖質や炭水化物が割と多いのが以下のナッツ。

なお、ナッツの種類はたくさんありますが、

以下に挙げるナッツは「ミックスナッツ」の中に入っている率が高いものです。

 

  • カシューナッツ
  • ピーナッツ
  • マカデミアナッツ

 

対して、糖質と炭水化物が少ないのが以下のナッツ。

 

  • アーモンド
  • くるみ
  • ヘーゼルナッツ

 

というわけで、食べておいしいと感じるナッツは

残念ながら糖質と炭水化物が多めでしたね。

 

救いはアーモンドに糖質と炭水化物が少ないこと。

くるみとヘーゼルナッツは渋みが多くて食べにくいですから。

 

だからと言って、アーモンドだけ食べてればよいという単一論的な話ではありません。

全ては質と量のバランスですね。

 

今後も少しずついただいていきます。

N さん、いつもありがとうございます。

当院は 香料で体調を崩す方を受け入れている鍼灸院 です。「香りが長続き」「本格消臭」などと謳う、柔軟剤や合成洗剤などの香料製品を日常的に使用している方はご遠慮ください。また、新型コロナワクチンを接種できない方を保護する観点からワクチン接種済みの方もご遠慮いただいております。詳しくはこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。