来年も

本日は雑感(雑記)。

 

2018年も残すところ二週間を切りました。クリスマスが終わると年越しムードになり、あっという間に2019年になってしまうのでしょうね。

 

帰り際に『今年もお世話になりました♪』と最後の挨拶をされていかれる患者さんが増えてきました。軽度の MCS を発症した身としては小沼の方が患者さんにお世話になりっぱなしで、ほんとうにありがたい一年だったと思います。 MCS や香害のことを一生懸命に受け入れていただけたことは治療家としてはもちろんのこと、一人の人間として助けられています。

 

そうした患者さん方から『来年もよろしくお願いします』というお言葉をいただけることが、もう勿体なさすぎて恐縮しています。こんなにお世話になっているにもかかわらず、さらに信頼を寄せてくださっていることに皆さんの温かさを感じています。だからこそ、それぞれの患者さんに最大限の感謝を込めて施術とサービスでお返ししなくてはいけません。

 

今週と来週は今年最後の患者さんばかり。来院されてから帰院されるまでのわずかな時間の中で、どれくらいの恩返しができるのか。”いま目の前にいる患者さんに喜んでいただく” というシンプルなミッションを達成できるか。予約表を眺めながら患者さんお一人おひとりに喜んでいただけるようシミュレーションしています。

 

残りの日数、全力でよい仕事をしてまいります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です