20才の誕生日

朝晩の気温が下がってきました。

個人差ありますが、小沼は薄手の長袖カットソーに上着を羽織らないと、早朝の長男🐈の散歩がきつくなってきました。なんとなく薄手の手袋もほしい、そんな朝です。

そして、朝から金木犀と野焼きと柔軟剤の香り(ニオイ)がごちゃまぜのカオスな空気です。

金木犀も好みの香りではありますが、さすがに強く漂うと具合悪くなりそう。

そこに野焼きと柔軟剤がタッグを組んで鼻を襲ってくるので息が吸えません(T_T)

野焼きは季節的なものですから、稲刈りシーズンさえ終わってしまえば無くなりますけど、柔軟剤や合成洗剤はオールシーズンですからねぇ。つらいです。

 

 

さて、先週土曜日は長女の20回目の誕生日。

それぞれギリギリまでプレゼントに悩んだようですが、なんとか前日までには準備することができました。

小沼は京都が本社の某コンソール機、妻は長女が好きな二次元の CD、次女は財布をプレゼント。某コンソール機は5年も使ってくれていて、そろそろ寿命っぽいので買い替えてあげました。

ちなみに転売ヤーからは買ってません(笑) ダメ絶対。

 

 

長女にプレゼントを渡し、余韻に浸っておりますと『20年ありがとう』と長女から家族全員にプレゼントをもらってしまいました。いや、これ泣きそうになっちゃうやつ。

サプライズに驚きながらも開封してみると、小沼は水筒、妻はタンブラー、次女は財布(お互いで被った笑)、母にはエプロン。

誰もが即使えるもので、とても嬉しいサプライズでした。

子供の教育に対しては特別なことをしてきたことはありませんが、まっすぐに優しい人に成長してくれて感謝しています。

 

 

そして、中学・高校時代にお世話になった先生からお花が届きました。

在学中も卒業後も、先生が退職されてからも交流を続けられるのは長女の素直さというか、強みですね。

これからもその素直さと優しさで自分の人生を歩んでいってください。

幼児のころはヘルパンギーナで2度入院したり、熱性けいれんで救急搬送されたり。思春期に入ってからは自身に大きな変化が訪れて人生設計を改めたり、と様々なことが起こりましたが、これらも含めて親である私たちも成長することができたし、今になればいい思い出です。

これから先、きっといいことがたくさん訪れることでしょうし、私たちも貴女のこれからがとても楽しみです。

20才、本当におめでとう!

 

当院は 香料で体調を崩す方を受け入れている鍼灸院 です。「香りが長続き」「本格消臭」などと謳う、柔軟剤や合成洗剤などの香料製品を日常的に使用している方は予約・来院をご遠慮ください。また、新型コロナワクチンを接種できない方を保護する観点からワクチン接種済みの方もご遠慮いただいております。詳しくはこちらをご覧ください

ワクチンを射ってしまった方、香料製品がやめられない方は 遠隔治療をお試しください。来院せず治療を受けることが可能です ⇒ 遠隔(波動エネルギー)治療のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です