急激な変化

昨日は休日診療でした。

15℃を記録するほどのポカポカ陽気から一気に真冬に戻りましたね。

時折、つよく吹雪く中、お一人も遅刻することなく来院され、ありがとうございました。

 

交代浴ってご存知ですよね。

お湯 ⇒ 冷水 ⇒ お湯 ⇒ 冷水…と繰り返すアレです。

温まったところから急激に冷やすことで一旦は血管が縮み、また温めることで血管が拡張してドーンと血液が流れます。

この作用を利用して、しもやけには特に効果があります。

血流の観点から言えば、たしかに効果的ではありますが、温かいところから急に冷たくなるわけで、一種のショック療法にも近いですよね。

 

ここ数日の天候・温度を見ていると、交代浴とはまた異なりますが、急激な温度変化に身体は必ずダメージを受けています。

自律神経が一番影響を受けますので、眠れなくなる (逆に眠くて仕方ない)、食欲不振、全身の鈍重感 (ダル重)といった不調が出やすくなります。

身体が急激な変化にストレスを感じて、このような症状を表すことがありますが、基本的には一過性のものが多いですのであまり心配なさらず。

ただ、食欲がないのに無理に食べようとする、身体がだるいのに無理に運動しようとする、などは逆効果になりますのでご注意ください。

 

三寒四温と言いますが、このような急激なアップダウンが見られるようになると確実に季節が変わろうとしているのだなと感じます。

日によって体調に変化が出ることもありますが、無理に変えようとせず、その時々の状態に寄り添い・合わせていきながら過ごしていきましょう。

もうちょっとで春ですね(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

長男9才になりました

次の記事

2月ラスト新着!!