みなし陽性

昨年末から絶賛実施中の PCR 検査により、毎日のように感染者が作り出されています。都心部でも日によっては1万人を超える感染者増ということで、さぞかし怖い思いをされているコロナ脳の方も多いんでしょうね、きっと 😆 

それで、急増する PCR 検査要請に医療機関や関連施設が逼迫する状況となり、ついに「みなし陽性」を認めるようになっちゃいました。福島県内でもその流れが起きているようです。

ある程度の条件が整なわないと陽性にはならないんでしょうけど、検査もせずに陽性判定にするのはあまりにも非科学的じゃないでしょうか。あれだけ「エビデンスがないものは認めない!」と騒ぐ現行医療の中で、みなし陽性というのはかなり矛盾した行為とも言えます。

みなし陽性を認めるのであれば、医師の存在意義は……って話になりますし、素人でも陽性判定できますよね。なんなら LINE でも判定できますよ。それくらいおかしなことをやっている。最近、小沼も寝汗が出るのでオミクロン感染者かもしれないですよ 😆 

例えば、腰の痛みと下肢のしびれを訴えて整形外科を受診したとします。レントゲンはおろか、各種テストもせず、患者さんの訴えだけを聞いて「あなたを椎間板ヘルニアとみなします」と言われて、納得しますでしょうか? 非常に雑ですし、一般的な鍼灸院だってこんな杜撰なことはしないですよ。

一応、鍼灸師には「診断行為はできない」と法律上決まっているところですが、それでも各種テストを駆使して目の前の患者さんの病態を把握していくわけです。そのための検査法なわけですし。それすらもせずに医師はみなし陽性として「確定診断」する。これはある意味、暴力です。

みなし陽性を容認するのであれば、新型コロナを感染症分類の5類感染症にカテゴライズするべきです。期間を経て2類相当から新型インフルエンザ等感染症にカテゴライズされているとしても、そもそも最弱ウイルスを指定感染症にしている時点でおかしいですから。

PCR 検査自体ポンコツであることは2020年の春先から書いてきました。その検査すらせずにみなし陽性として感染者をガンガン増やし、総数だけ脅威的であるかのように見せ、そして余りに余ったワクチンを接種させようとしています。

PCR 検査陽性もみなし陽性も、ほとんどがワクチン接種者であることも知って欲しいです。37.4℃くらいの熱が出たからと医者に行く患者が🐴鹿なわけです。いいカモにされていることにまだ気づかないんでしょかね。

ワクチン非接種者は健康そのものですし、小沼も含めそうした方々は自然免疫の力を理解していますし、医原病がなんたるかも解っています。医者や病院が病気を治すなんてまやかしです(救急や外科的な処置が必要なものは除く

だからこそ、食事や睡眠などを含めた普段からの生活が超大切なんです。手洗い、うがい、マスク、消毒をすればするほど身体が弱っていき、簡単に熱発するような状況に自らが促していることに気づきましょう。

現実的にみなし陽性が容認されているところを見ると、これからさらに感染者は増えていくことは想像に難くないわけで、そしてその状況に恐怖を感じる方々がワクチン接種に走るのも余裕で想定できるわけです。

全てはコントロールされています。操縦されるのが好きな方はどんどん恐怖し、自らの身体を破滅させる方向へいくしかなんでしょうね。自分だけならまだしも、今後は5~11歳への接種も始まり、悲劇は加速していくでしょう。新聞のお悔やみ欄に小児の葬儀情報が載るのも時間の問題です。

新聞のお悔やみ欄で言うと、この2年の間に30~40代の葬儀情報が本当に増えました。もちろん持病や事故で亡くなった方もいらっしゃるとは思いますが、この騒動・ワクチン接種が始まる前はほとんど目にすることがなかった年代の方々です。

30~40代の死亡をワクチン接種と紐付けるのは乱暴かもしれませんが、それ以前と比較したら明らかに増えているのも事実。そこにエビデンスはありませんが、事実として存在している以上、ワクチン接種が原因ではないと決めつけることも乱暴です。

年末から続く感染者爆増を受け、不安になってワクチン接種をするということだけはないようにしてほしいですね。それが政府が国民に暗に求めているアクションですから。2年前となんら変わらない生活を送っていて、感染した兆候すらない人間がここにいるという事実も知って欲しいですね 😉 

 

当院は 香料で体調を崩す方を受け入れている鍼灸院 です。「香りが長続き」「本格消臭」などと謳う、柔軟剤や合成洗剤などの香料製品を日常的に使用している方はご遠慮ください。また、新型コロナワクチンを接種できない方を保護する観点からワクチン接種済みの方もご遠慮いただいております。詳しくはこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。