自分を信じる

日課ではないけれど、あるタイミングでカルテを眺めることがあります。

「○○さん、最近来てないけど元気かな」と思いながら、ずっと来院されていない患者さんのカルテを整理するのが目的です。あ、捨てるわけじゃないのでご安心を。

そうやって整理していくと、中には残念ながら年単位でお越しになっていない方もいらっしゃいます。しかも1回だけ来院とかね 😥

新患として来院される患者さんの何 % かは「お試し目的」なので、それを阻むことは無理ってもの。

ただ、お越しになっていない患者さんの中には数ヶ月は来院されだけど脱落したというのもあります。

もちろん、私に色々と不足していたからこのような結果になったことは否めません。それは認めます。でも、きっと来院されなくなったのには他の原因もあると思っています。

 

それが「自分を信じることができなかった」というケース。

自分で治療院を選んで、自分で予約をして、自分で来院して、自分で施術内容を決めて…と、自分の意志でやってきたことなのに、結果がついてこなかったからという理由で止めてしまう。

これって全て決めてきた自分を否定することになるんですよ。

自分ではどうしようもなくなったから専門家に頼ることを決めたのに、その自分を信じられない人がうまくいくことはないと思います。

もちろん上述したとおり、迎えるこちら側に不備がある場合は不可抗力かもしれません。でも、そこまで含めて自分の意志で決めたことだと思います。

結局、自分を信じられない人は何をしても変わらなかったりします。理由を外に求めてしまいますから。

私も自力では無理で他に頼ることもあります。仮に意にそぐわない結果になったとしても、そのとき決断した自分を信じてあげたいですね。

自分で自分を否定しないよう考えながら過ごしていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です