鍼灸から整体へ

今春より整体術が新しくなり、多くの患者さんに喜んでいただいているところです。その中には長らく鍼灸を受けていたけれど、試しに整体を受けてみたらより身体がラクになり、以降は整体に切り替えた、という患者さんも少なくありません。

そこで今回はいわゆる「乗り換え」について書いてみたいと思います。

 

まず、鍼灸から整体へ、整体から鍼灸へ、といった乗り換えについてはまったくの自由です。「この施術方法を受けなければいけない」ということはまったくありません。患者さんの中にはその日の気分で施術内容を変える(決める)方もいるくらいです。

また、鍼灸か整体かどちらかを選んでください、ということもなく、両方受けられる方もおられます(初診時においては刺激量が多くなると大変ですので、どちらかを選んでいただいています)。

ですので、施術方法を変更(乗り換え)することで小沼が機嫌を悪くしたり、対応を悪くすることは絶対にありません。というか、そんな対応はあり得ません。

 

おぬま治療院で施術を受ける患者さんの割合をざっくりまとめると、鍼灸6:整体4 くらいです。

そして、鍼灸から整体に変更された方はおられますが、整体から鍼灸へ変更された方がゼロという結果も出ました。鍼灸師として悔しい結果です😢

ただ逆に、鍼灸を長く受けられていて、縁あって整体を受けてみたけれど「やっぱり鍼灸がいい」という患者さんが多いのも事実。

 

このことについては、結局は好きか嫌いかで選択していると思いますが、鍼灸にしても整体にしても「全身のバランスを整える」というコンセプトに軸をおいて施術していますので、患者さん方からはアロパシーではない当院の施術を評価していただけていることに喜びを感じています。

ひとつの方法に固執せず、自由な発想で施術というものを捉えていきたいと常々考えています。が、いざ患者さんを前にすると頭でっかちになってしまいますけどね。

 

患者さんの中にも様々なニーズがあり、すべてに応えていくことは難しいですが、せめて「鍼灸」と「整体」と「気の調整」くらいのラインナップは揃えておきたいと思っています。

何が響くかわからないのが人間です。おぬま治療院はいつでも準備ができていますので、気になる施術方法がありましたらお気軽におっしゃってくださいね 😉 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です