患者さんに助けられる

cloud-600224_640-min土曜日は久々にやってしまった。まさかのダブルブッキング。

キャンセルされたところに入っていただいたつもりでしたが、キャンセルされたのは別の日だったことが判明。(っていうか、患者さんはちゃんと伝えてくださっていたのに私が予約表のチェックを間違えた)

お時間とおりにお越しになった K さんには30分ほど時間を潰していただくことになってしまい、申し訳ありませんでした。

『この後、別に予定がありませんから』と優しくフォローしてくださいましたが、30分は大きいです。今後はもっとしっかり管理していきます。

 

そして、K さんの後にお越しになる予定の N さんが来院時間になってもお越しにならない。おぉ、なんてこったい。ダブルブッキングに加えて予約の取り間違いもしていたのか、とガッカリしましたが、実は予定通りにお越しになったのだけど、まだ施術が終わっていない雰囲気だったので一旦自宅に戻ったのだとか!?

物凄いファインプレー! 実は N さんが来院される予定の時間はまだ K さんの施術が終わっておらず…な状況。なので、N さんの心遣いに助けられたのでした。

 

K さんと N さんの優しさに助けられた土曜日の午前中でした。

「焦った~」で終わらせてしまうと何の教訓にもなりません。ですので、自分の中でしっかりと戒めたいと思います。

患者さんの時間は有限。その貴重なお時間を消費してわざわざお越しくださっていること。それを肝に命じていきます。

特に年末はご予約が忙しないことになるので、1つのミスもなく、ストレスを与えることなく、患者さんに喜んでいただけるよう運営してまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です