手間がかかる

少しずつ確定申告の準備。(もう10日切っているけど)

毎年のことながら領収証と出納帳のチェックを行うと漏れがある 😥 どんまい。

多くは科目違いのことが多く、出納帳では消耗品にしたのに雑費扱いにしていたり、接待交際費で計上しなきゃいけないのに雑費になっていたり。そのときはちゃんとやっているつもりでも、やっぱりできていないものです。

 

 

控除の書類を添付する台紙を見てみたら、今年からマイナンバーカードが必要になっているじゃないですか~。

2016年12月25日の読売新聞によると、

カードの交付は今年1月1日に始まったが、申請件数は今月19日現在で約1225万枚、発行数は約971万枚にとどまる。政府が目標とする「2016年度中に3000万枚の交付」の達成は難しい状況だ。

とありまして、申請している人は全国民の1割足らず。

9割以上の人が必要性を感じていない制度にもかかわらず、行政の手続きや書類に強引に入り込んでいるのが納得いかないです。

もちろん私もマイナンバーカードは申請してませんし、する気もありません。ですから、今年の確定申告のようにマイナンバーカードが必要な場合は面倒くさいことこの上なし、です。

マイナンバーカードを持っていない人は「番号が確認できるもの」と「身分が証明できるもの」をコピーして添付するのだそう。

国民の手を余計に煩わせて何がしたいのでしょうかね?

ただでさえ確定申告は専門用語が飛び交い、ルールも不明瞭で疲れるのにさらにマイナンバーカードで手間取らせて…簡素化どころか、複雑化させている現実にガッカリしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です