連休を終えて

GW も終わり、昨日から通常の診療に戻りました。

患者さんからは沢山のおみやげ話をいただき、中には自分がそこに行ったかのように感じてしまうほどリアルで具体的なお話もありました。皆さん、楽しい連休を過ごされたようで良かったですね。

患者さんから聞かれたのは『先生は何してました?』というもの。県立美術館に行ってフェルメールとレンブラント展に行ってきたのはブログに書いてしまったし、実は家族行事と呼べるものはこれ以外は特にありませんでした。

寂しい連休と思われてしまうかもしれませんが、それでもなんだかんだと用事がありまして。月一恒例、治療院のプチ大掃除は普段よりもじっくり出来ました。外壁掃除、床のワックスがけ、窓磨き、トイレ掃除などなど。暑くて軽く熱中症っぽくなりましたが、ピカピカになりましたよ。

連休中は長女が部活の合宿、次女も毎日部活だったのですが、長女の応援のために合宿先の猪苗代を数回往復したり、部活から帰ってきた次女を連れて外出したりと、ゆっくり家で本でも読もうかと計画していた自分の休み時間は願い叶わず。

また、こどもの日は曽祖父の命日、父の月命日が重なったこともあり、その辺りも忙しく動いておりました。

GW 前に鍼灸師会の総会とシティーマラソンのボランティア治療があり、1週間に2回でも郡山に行くと結構疲れます。ですので、連休で休息出来たことはとても有意義だったと思います。

連休は娘さんたちが部活三昧になってしまいます。来年は連休の取り方、過ごし方を考えなくてはいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です