残務処理

 

12月1日に執り行われた記念式典の残務処理に目処がつきました。

とりあえず来年1月末に記念誌が発刊され、それを100名以上の方に発送して創立70周年記念事業および事務局の仕事も終わりとなります。

 

今回は記念式典を欠席した表彰対象会員と一般会員あわせて40名分の賞状やらピンバッジやらを発送。

包装紙を買って賞状筒を包んだり、小箱を買ってピンバッジを詰めたりと地味に時間を奪われました。

「当日 (記念式典に)来てくれればこんな作業しなくていいのに~!!!」と毒を吐きながらの作業でした(^_^;)

事前に「あなた表彰されますよ」と伝えておいても欠席するとかね、それなら賞状を発行する意味もないのでは? と思ってしまう小沼はきっと心が狭いのだと思います。

いやほんと、毒を吐かないとやってられませんよ。

 

それで郵便局に持ち込みましたら、その中の小箱を何度も確認して『9の14ないから無理だわ~』って言われました。

意味が分からないので説明してもらいましたら『最小サイズというのが決まっていて、長さ14cm×幅9cm以上ないと発送できない』とのこと。最小サイズなんてあるの? はじめて聞きました。

郵便局のルールに従わなければ発送できないため、治療院にもどって 宛名印刷 ⇒ 小箱から内容物を出して封筒に詰める ⇒ 封緘 ⇒ もう一度郵便局へ の作業をするはめに。

小箱など買わず、最初から封筒で発送していれば良かったなぁと、後悔先に立たず状態でした。

 

それでもその後は問題なく発送できたし、治療院にも余計な荷物がなくなったのでスッキリしました。

冒頭で書いたようにまだ70周年はすべて終わっていませんが、個人的にはほぼ終わった感があります。

1月末までは少しゆっくりしたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

年賀状準備