今更ながらワクチンについて

数日前に患者さんから『先生は (新型コロナの)ワクチンどうしますか?』と聞かれたので「射ちませんよ、そんなもの」と即答した小沼です。

コロナに限らずワクチンは意味がないだけでなく、害悪でしかありません。

 

 

昨日の新聞の一面。

会津管内でも4施設の医療機関で本日より実施される予定です。

さて、口では射ったと言って、実際に射っていない医療従事者はどれくらい出てくるかな。

マトモな医療者であれば、開発まで一年もかかっていないワクチンを接種したがりませんから。

国は「安全」と繰り返しましていますが、本当に安全なワクチンなんて存在してませんのでね。

 

渦中のウイルスは分離すら出来ていないのが現状です ⇒ 国立感染症研究所は『分離に成功した』と発表しましたが、すぐに撤回してます (撤回についての公表はなし)

さらに渦中のウイルスは RNA ウイルスです。ワクチンが変異体に追いついているわけもなく。

インフルエンザだって24時間に1回は変異すると言われているのですよ。

流行する前の10月に製造したワクチンが1,2月の流行期の変異体に対応できる……わけないでしょ。

新型コロナだって一緒です。

分離も成功していないウイルスに対応したとうそぶくワクチン、且つ変異体に対応しきれていないワクチンなわけです。射つ価値なしです。

 

例えば Windows Update ってありますよね? (パソコン使わない方、分からないかもしれません)

コンピューターウイルスの特定も出来ていないのにパッチを配布されて、それをインストールしたいと思いますか?

また、どんどん姿・形を変えるウイルスなのに古いバージョンのパッチをインストールして対応できると思いますか?

普通の感覚なら「思わない」でしょう。

 

みなさんが期待しているワクチンってそういうことですよ。

だから考えましょうって常に言ってます。

 

 

吉野先生の Facebook から。

検閲を避けるために隠語を使っていらっしゃいますので、修正したものを以下に貼ります。

【よしりんが暗殺覚悟で糾弾、政府は二枚舌だ‼】あんだけ安全だ、安全だ、と煽っておいて、mRNAワクチンを打ったヤツは献血するなだと‼ 政府が安全といって患者でない健常者に打ちまくっているのに、そのmRNAワクチンを打ったヤツの血液が危ないから献血するな、というのは完全に二枚舌だ‼ 安全なら、むしろバンバン献血して、mRNAワクチンの入っている血液をどんどん血液製剤にした方がいいじゃね~~か⁉ そもそも、血液ビジネスが・・・おっと、これ以上言うとマジで暗殺されるか、今日はこのくらいにしといたるわ‼(←池乃めだか 風に)

 

日赤はコロナワクチン接種者の献血についてこう言っています。

新型コロナウイルスのワクチン接種に関する献血の受入れについて

http://www.jrc.or.jp/activity/blood/news/210222_006549.html

新型コロナウイルスのワクチンを接種された方の献血の受入基準につきましては、国において検討中の段階であることから、基準が示されるまでの間、献血はご遠慮いただくこととしておりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

インフルエンザワクチンで24時間、狂犬病ワクチンは1年間など、ワクチン接種後は献血ができません。

だから新型コロナのワクチンも献血できないのは分からんでもないのですが、吉野先生がおっしゃるように安全だと発表している以上、献血の受け入れを停止するのは意味不明です。

とは言え、ワクチンは ”不純物のかたまり” だから、汚れた血液を集めるわけにはいかない、という理論のようです。

それを言ってしまえば、毎日のようにコンビニ弁当食べて、エナジードリンクを飲んで、スイーツもやめられない人の血液も添加物まみれで相当汚いですけどね。

とりあえず、新型コロナのワクチンは今日から開始されますが、国はまだ「検討中」のようですよ。

 

最後にワクチンの ”不純物” について。

こんなものが入っていますが、それでもあなたは射ちますか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です