緊張性混迷状態

日曜日は4台の石油ストーブを片付けました。夏が終わるとすぐに涼しくなって、この前片付けたと思ったのにとか言いながら、また石油ストーブを出すのでしょう。次シーズンも元気に動いてもらえるよう、しっかり掃除しました。寒くなったらまた会いましょう。

それで、立て続けに4台も片付けたものだから、全身がバキバキ。スポイトでヒーター本体の受け皿にたまった石油を抜き取っていたものですから、特に右手がこわばってしまって、まるで麻痺したみたいに動きませんでした。

ちょっとビビりましたが、少し休んで自己調整したら動くようになりました。筋トレも急に高負荷で行うと力が入らなくなって動かなくなることってありますでしょ? それと同じ感じだと思います。

 

で、こわばりついでに下動画をご覧ください。

 

 

これ catatonic state (緊張性混迷状態)と呼ばれるもので、ワク●ンの副反応だと言われています。撮影されたのは国内らしく、映っている女性や撮影者も日本人っぽいです。若くしてワク●ンを射ったということは医療従事者の可能性が高いですね。

まるで映画のようなショッキングな映像ですが、CG でも作れそうな感じですし (フリーズした瞬間の飲み物の揺れを観ていましたが、全然揺れないので怪しいと思ってます)、そもそもなぜこの女性だけをフォーカスして撮影していたのかも不明です。フリーズから戻った直後のあの表情が演技だとしたらとんでもない女優さんですよね。

 

 

機械翻訳ですので、少々おかしな日本語がありますがご了承ください。

急性精神疾患に発生すると書いてありますが、ワク●ンが自閉症の原因になっているのは既知の事実 (コロナのワク●ン関係なく)。ということは、今回のワク●ンを接種することで急性精神疾患を引き起こすことも可能ということ。そして動画のように突然フリーズする「緊張性混迷状態」になるということ。

 

動画の女性、あれだけキレイに止まるとなると、例えば車の運転中だったら非常に危険ですよね。ワク●ン接種者はスプレッダーになるだけではなく、こういうことが起こる可能性があることも頭に入れて日々過ごしていただきたい。自分で安全運転してても相手が制御不能状態で突っ込んできたのでは目も当てられない。

ナルコレプシーなど、車の運転が認められていない疾患のお持ちの方はいいんですよ。そうじゃなくて、普通に健康な人がワク●ン射っても突然フリーズするようになる可能性がある以上、接種者全員が運転しないことにしてもらいたいですね。もう運にゆだねて路上に出るしかないってことですね。

ほんと、お願いだからワク●ンを切望している人は多角的に情報を収集してほしい。自衛隊がやってる大規模接種会場が密になってるのにおかしいと思わない、その思考がかなりヤバいことを認識してくださいね。

 

 

結局、こういうことですから。非常にわかりやすい。年齢関係ないだろ。あなたより若い医療従事者が射って死んでますけど?

会長なのに射たないとか、主催者側のトップとしてどうかしてますけど、彼らはワク●ンがどういうものかを知っているのでやらないだけです。ちなみに皇族もそうですからね。

洗脳されきっている人は「国民に届けたくて身の危険を顧みず譲ってくれている」とか言い出しそうですけど、最優先で射つべき要人が射たないんだから、それが答えです。これでもかと模範解答を提示されているのに間違えるのは、もはやウマシカじゃないでしょうかね。

まぁ、とにかくワク●ン接種者はもう隔離でいいと思うよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です