20年

昨日は成人の日。全国で122万人が新成人になったようです。

横浜や福岡などでは相変わらず恥ずかしい成人がいたみたいですが、なにはともあれ、おめでとうございます。

インタビューを受けていた成人の中には「両親に旅行をプレゼントしたい」と言っている方もいて、感謝の気持ちを持てる人がいてくれてよかったと思いました。

 

さて、20年前はミレニアム (死語ですか?)なんて言っていた2000年。小沼は青春ど真ん中な時代でしたね。

20年前の今頃は、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の養成学校の3年生で国家試験を控えていたころですから青春真っ只中とはいえ、かなり自制した生活を送っていた記憶があります。

そして、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得してからこの4月で丸20年になります。

鍼灸あん摩マッサージ指圧師としてキャリアが20年あるというだけで、知識も経験もまったく足りないことは本人が認めるところ(^_^;)

 

20年の内訳は、

・2000年~2002年:東京都内で主に難病で自宅療養をされている患者さんへの訪問リハビリマッサージ/同時並行で出張専門として開業

・2002年~現在:会津若松に移住し、おぬま治療院で活動

 

こうしてみると20年の内、会津若松での活動が17年。

小沼の鍼灸あん摩マッサージ指圧師としてのキャリアは縁あっておぬま治療院に来院してくださった皆さんが作ってくださったと言っても過言ではありません。

生まれも育ちも埼玉県の人間が会津若松で鍼灸あん摩マッサージ指圧師として生きている……20年前、国家試験前の自分は想像すらしていませんでした。

つくづく人生や縁というものは不思議です。

これからも不思議なご縁を大切にし、この地で鍼灸あん摩マッサージ指圧師として皆様のお役に立っていく所存です。

 

まずは会津若松で活動を始めてから20年を迎えられるように。

治療家としてのゴールはきっとありません。一生涯をかけて学んでいきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です