運転免許更新 -その2-

 

昨日は午前中を臨時休診させていただき、運転免許講習会に行ってきました。

席は自由だったので、できるだけ中年以降のおじさんがいる席を狙いました。経験として柔軟剤クサイおじさんはあまりいませんから。

おじさんの隣で正解でしたが、ヤニと加齢臭はなかなか厳しかったです(^_^;) まぁ、具合が悪くなる人工香料よりはマシかなぁ、なんて。

 

5年前、講習会を終えて数ヶ月経ったある日、運転中に患者見込みの方からの電話応対をしていたら現行犯で捕まりまして……今回は一般講習でございました。

今後の5年間を無事故・無違反で過ごし、次回こそは優良講習 + ゴールド復帰したいと思っています。

 

ここ数年で変更のなされた道交法が紹介されたり、動画を視聴したりしてきました。

最近はドライブレコーダーが発達していることもあり、かなり生々しい動画と音声になっているのですね。

夜道で突然出現する歩行者をはねる瞬間とか、心臓に悪いものをいくつか観てきました。

 

CS だけじゃないですけど、事故の被害者・加害者になるのも明日は我が身です。

また今日から緊張感をもって、楽しく運転していきたいです。

 

終えてみて思うのは、講師の方はなぜ受講者にへりくだるのだろう? ということ。

「お忙しいところ申し訳ありません」などと言っていましたが、免許更新は義務ですからもっと強い態度でいていいと思うのですが。

それと居眠りこいてる人には新しい免許証を渡さないようルールを変えるべきですね。なんのための講習会なんでしょうね。

 

外に出てみて全身にびっちり付着した香料に辟易。

上着だけでなく、髪の毛、手の甲、鼻の中、すべてがバスクリンみたいなニオイで非常に不快でした。

みんな何も感じていないのが不思議でしょうがないです。そもそもそこまで付着していると気づいていないだけ?

香害はこれから益々ひどくなりそうですね……。

3月のセミナーが恐怖でしかない(^_^;)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

確定申告2020

次の記事

1/10,000