ガス欠

IMG_0822

 

患者さんを外まで見送りして治療院に戻ると、ある女性が走り込んできました。おぉ、新患さんかな?

「車がガス欠で動かなくなっちゃって、近くにガソリンスタンドありませんか」とのこと。

幸い次の患者さんまで時間があったし、こうしてお会いしたのも何かの縁ですから、ガソリンスタンドに連絡してガソリンの配達をお願いすることに。

いつも給油している A スタンドに連絡したら、スタッフの数が足りずてんてこ舞いなので、行けるとしても3,40分かかっちゃう、とのこと。

治療院近くの B スタンドに連絡したらスタッフは2名常駐しているけど「携帯用のガソリン缶を貸し出しているので取りに来たら?」っていう冷たい対応 😡

3件目の C スタンドに連絡したら快く OK してくれた。

連絡後、5,6分で来てくれて無事に車は動いたし、私もホッとしたしで良かったです。

最後に車の持ち主さんから「通りすがりの者に親切にしていただいて」とビスケットとコーヒー粉をいただいてしまいました。逆に恐縮してしまいます。

 

10分ほどの出来事だったと思いますが、終わってみて気になったのは B スタンドの冷たい対応ですね。

なんかこう社会主義っていうか、マニュアル通りというか、親切心が全くないですよね。

スタッフが2名常駐していて、しかもそこはセルフだし。

私はココス隣にある○ネラルのスタンドには行ったことないですが、こういう対応をされるとゼ○ラルには絶対に行かないと思ってしまいます。

治療院もそういう対応を取っていないかどうか。気づかない内にそういう対応を取っているかもしれません。

今一度、しっかりと戒めないといけないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です