少なくてごめんなさい

いつも書いていますが、おぬま治療院の治療方針には
「症状を再発させず、快適な状態を維持すること」があります。

 

つまり、メンテナンスって大事だよ、ということなのですが、
患者さんの約6割はメンテナンス目的で通院されています。

 

メンテナンスの大切さを理解され、
健康に投資できる意識高い系の患者さんが多いのです。

 

***

 

そんな患者さん方の問診を施術前にしますと、

お「今日は体調どうですか?」

患「いや、特になんともないです」

 

といった会話が普通になってきます。

 

そうすると、中には
「症状がなくて(少なくて)ごめんなさい」と
謝罪される患者さんが出てまいります(笑)

 

まったく謝る必要はなくて、むしろ喜んでいいと思うんですね。

 

昔、小沼の知り合いの美容師さんは髪を切るのがとても好きで、
ロングヘアをちょっと整えるのはつまらない! なんて言ってました。
ばっさりカットしてなんぼだとも。

 

この美容師さんの感覚を小沼に当てはめると、
「全然症状がなくてつまらない!」
「バランス調整しまくってなんぼだ」
となるのですが……

 

小沼はまったくそんな風に思っていませんし、
思ったこともないです。

 

逆に調子のよい患者さんを目の前にするだけで、
そっちの方が嬉しいし、テンション上がってしまいます。

 

身体のためのバランス調整ではありますが、
施術を行うということは身体にダメージを与えていることなのです。

 

ですから、刺激は少なければ少ないほどよいと考えています。

 

患者さんは刺激量が減って身体に優しいし、
小沼は仕事量が減るので身体に優しいです。
つまり、お互いにラクなんです。

 

「症状がなくて(少なくて)ごめんなさい」なんて言わず、
自信を持って「今日も調子いいですよ!」とおっしゃってくださいね。

 

身体がラクだと心が安定します。
それは逆もまた然り。

 

おぬま治療院では、
あなたが快適な状態を維持するためのお手伝いをしています。

 

“健康管理のひとつとして施術を受ける” という考えを
持っていただけたら嬉しいです 😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です