短期決戦

5ヶ月前から突如発生した肩甲間部の痛みが主訴の患者さん。

整形外科では異常なし、MRI や CT、血液など各種精査も異常なし。

一番しんどいのは夜中の寝返りと起床時、身体を動かすと息が止まるほどの痛み。

そのためか、この数ヶ月は慢性の寝不足状態がつづき (毎日1~2時間程度)、回復力が低下しやすくなり、負の連鎖に入っておられた。

 

結果的にいいますと、初診から20日・計7回の施術で寛解したため、ご卒業となりました。5ヶ月間、良くなることなく悪化していたことを考えれば、かなりのスピード解決だったと思います。

1回目は想像以上に効果があがらず焦りましたが、2回目、3回目と施術回数が増えるごとに疼痛部位が限局していきました。同時に痛みが違和感に変化。

4回目以降は激痛で目が覚めることもなくなり、睡眠がしっかりとれるようになったことで回復速度に拍車がかかり、7回目の施術でフィニッシュ。

 

約2日に1回の施術を短期間に受けていただけたことがよかったのかと思います。

すべての患者さんがこのように短期間に来院できることはありませんが、後期高齢者が目前という年齢の患者さんでもよくなるということを知っていただければと思い、エントリーしました。

ちなみに7回の施術期間中、患部に刺鍼・施灸はいっさい行っていません。

全身のバランス調整を行ったあと、手足の離れた経穴を使いました。

 

個人差がありますから必ずしもよい結果が出るとは言えませんし、担当した小沼も焦りや不安の中での施術でしたが、患部にふれることなく寛解してもらえたことでバランス調整の可能性を再認識させていただきました。

今回の症例だけではありませんが、よくなっていく患者さんに共通していることは、患者さんが希望をもって、小沼を信じて継続してくださる方だということです。自身で治癒をもぎとったという表現もできるかと。

小沼は適切なサポートを行っただけであり、患者さんが治してくださいましたね(*^^*)

 

で、『治してもらおう (治して欲しい)』という気持ちではおそらく無理です。自分の身体は自分でしか治せませんので。

ただ、適切なサポートを受けていただくことは大切なことです。

自力でやってきたけどうまくいかない……という方は、ご近所の 国家資格を取得した施術者がいる治療院 に相談してみてください。

もちろん、当院でもオーケーですが、人工香料の無い方限定ですのでご了承くださいね(^_-)-☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です