逼迫? へぇ~そうなんだ

今日から7月。2022年も半分が終わってしまいましたね。

しかし、本当に毎日暑いですね。

前回、東北地方もそろそろ梅雨明けしたりして、と書きましたら、その当日に梅雨明けしました。

観測史上、最短の梅雨だったとか。2週間くらいでしたね。その間に降った雨は2回くらしでしたかね。

雪山の雪解け水があるから水不足は大丈夫みたいに書きましたが、さすがにこんなに早く梅雨明けするとは思っておらず、ちょっと心配になります。

ただ、来週は雨混じり、且つ、最高気温も30℃いかない予報が出ています。梅雨明けしたら、今度は雨ばっかりなんてね。まさかね。

脈絡ないですが、一昨日ニュースレターをご縁ある皆様に発送しました。今日あたり届くかと思います。

ご感想いただけると次号発刊の励みになります。よろしくお願いいたします。

 

 

さて、先週半ばから突然「電力逼迫」の文字が並び始めました。

東京電力に追随するように東北電力も、だそうです。

報道各社もコロナ騒動と同様に足並み揃えて「電力逼迫」を訴え始め、あぁまたか……という感想しか抱きません。

東北地方南部にある火力発電所が止まっているのに加え、気温が急に下がったことと、悪天候で太陽光発電の出力が低下したためと、もっともらしい原因を述べているようですが、もともと原子力発電所が動いていなくても電力は十分まかなえていましたからね。

そうじゃなかったら、東日本大震災のあと、ずっと電力逼迫を訴えていなきゃダメでしょう。

 

昨冬も寒い日が続きました。

電力的に言えば暖房の方が電力を消費します。暗くなるのも早いですから、夏時期とくらべても部屋の明かりを点ける時間も早くなります。

にも関わらず、電力逼迫なんて言わなかった。

上述した東北南部の火力発電所が停止うんぬんも、3月に発生した地震が原因と言ってますが、地震以降もいつまでも寒かったですよね。

それでも電力逼迫なんて言わなかった。なんで? なんで今頃?

 

国は節電に協力してくれたら2,000円程度のポイントを贈呈とか言ってますが、エアコン点けない部屋の気温が31℃を越える環境を我慢したとしても、それしかもらえないならやる価値なしです。

むしろ、身体が危険です。

2,000円程度のポイントが欲しくて冷房我慢して、熱中症になって入院したら8万円前後請求されますからね。

節電するならエアコンじゃなくてテレビ一択でしょう。エアコンつけないと死亡するおそれがありますが、テレビは消しても死にませんから(笑)

 

 

つまり、こういうことなんですよね。

国民には必死に節電を呼びかけるメディアがめちゃくちゃ電気を消費しているという。

ライトってめちゃくちゃ熱いですからね。

あれだけの機材を使い、ライトを浴びているタレントも汗一つかかないなんて、一体冷房の設定温度何℃になっているんだ? って話ですよ(23.5℃という噂あり)。

節電のためにエアコンは28℃設定にしましょう! と声高に報道しておいて、自分たちは23.5℃。ふーん。

 

 

こういう言い方は良くないのでしょうけど、死亡者すら出る暑さを我慢させるということは「節電協力」という名目上のもと、熱中症による死亡者数を増やして国民を減らしたいのかなと。

この2年半の騒動で、9割以上の国民が従順な🐏だと解ったわけですから、今回の電力逼迫もやんわりと協力させる計画なんでしょう。

 

日本は世界有数の奴隷国、そして他人軸の国になってきてますね。

マスクしてなくたって苦しいほどの炎天下でもマスクを外さない(外せない)のは真面目なんじゃなくて脳を洗われてしまったんですよ。

過半数がマスク外さないと、自分の意思でマスクも外せない他人軸な方が増えている現状、この暑い中でも節電して協力している ”つもり” になるのは「言われたことだけやればいい」という思考停止状態そのものですよね。

仮に熱中症になって入院して高額の請求が来ても、2,000 ポイントもらえた♪ って喜んでいる人がいそうで怖いですね。

 

これまでコロナ騒動で2年半以上も我慢を強いられてきた日本人ですから、こんな暑さくらい大丈夫ですよね。

さぁ、我慢大会の始まりです 😆 

 

 

タイミングよく止まりましたね~。

シナリオ通りですので、焦って節電なんてしたらあちらの思う壺。普通に過ごしましょう。

 

当院は 香料で体調を崩す方を受け入れている鍼灸院 です。「香りが長続き」「本格消臭」などと謳う、柔軟剤や合成洗剤などの香料製品を日常的に使用している方は予約・来院をご遠慮ください。また、新型コロナワクチンを接種できない方を保護する観点からワクチン接種済みの方もご遠慮いただいております。詳しくはこちらをご覧ください

ワクチンを射ってしまった方、香料製品がやめられない方は 遠隔治療をお試しください。来院せず治療を受けることが可能です ⇒ 遠隔(波動エネルギー)治療のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。