ふくしま教育週間(2018/11/01)

 

10月31日は次女の文化祭、昨日は長女の公開授業。
2日間、好きにやらせていただきました。ありがとうございます。

 

ふくしま教育週間という耳慣れないイベントが展開されていたようで、
それに伴い長女の高校でも公開授業が行われていました。

 

観覧できる時間帯は決まっているものの、
中学校・高校、学年、クラスを問わず、様子を見れるようでした。
小沼は長女のクラスしか行きませんでしたけど。

 

***

 

長女のクラスは現代社会の授業。
日本の選挙制度について。

 

小沼にもプリントを配ってくださり、
久しぶりに生徒になったつもりで授業を受けてきました。

 

先生とのフィーリングも合ったのだと思いますが、
テンポがよく、簡潔にまとめられている授業に

高校生の頃にこんな先生から授業を受けられたらなあと
思わず残念がってしまいました。

 

さすがに6時間目ということもあり、
舟をこぐ生徒さんが1割ほど見受けられましたが(笑)、
それでもほぼ全員が真剣に聞き、ノートを取っていました。

 

正直な話、長女のことをチラチラ見ることもなく、
ずっと黒板を見て “小沼が授業に集中” しちゃいました 😳

 

***

 

公開授業は学校主催の授業参観とは趣向が少し違うようで、
ほとんどの保護者さんは来ていなかったようです。

 

小沼が行ったときも保護者は私だけ。
40過ぎのおじさんは隅っこで小さくなって気配を消しておりました。

 

邪魔にはなっていなかったと思いますが、
受け入れてくれたクラスの皆さんに感謝です。
ありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です