三者面談

先日、吹奏楽の全国大会を終えた次女。
翌日から、3学年では三者面談ウィークとなり、
ある意味、強制的に受験モードに入っていきます。

 

次女は一昨日面談を終えたのですが、
その結果が個人的に驚いたのでエントリー。

 

ストレートに言えば、
「え? そこなの? しかも専願? 推薦受けないの?」って感じでした。

 

今まで何校かのオープンキャンパスには出かけていましたが、
今回次女が志望した高校のオープンキャンパスは全部スルー。

 

親としては “興味ないんだな” って思いますよね。

 

それが、面談を終えてみたら、
今回のような結果になったのでビックリしました。

 

まあ、次女とも話をしましたが、
彼女なりに一生懸命考えて決断したことであり、
しかもそれを公言したわけですから、大したもんだと思います。

 

いろいろ考えて推薦は受けず、
一般・専願でいくと決めた次女の想い。

 

ゴールが決まったので、あとはそこに向けて日々がんばっていくだけ。
親としてこれまでと変わらず、全力で応援していくのみです。

 

自分で考え、悩み、決断してくれたこと。
そして、道程を自分で示せたこと。

 

次女もしっかり成長していますね。
なんだかとてもうれしい小沼です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です