激臭がまた増えるんだろうなぁ

柔軟剤を使うと衣類の吸水性が落ちるのは既知の事実。

いただき物のタオルって全然吸わないじゃないですか。

あれは工業用の無臭の柔軟剤が塗布されているからなんですね。

ですので、柔軟剤をやめた方(特に石けん洗濯に変えた方)は口を揃えて『本当に吸水性がよくなった』というわけです。

で、メーカーも馬鹿じゃないので、その辺りのリサーチはしっかり行っていて、最近はアロマジュエルを推し始めましたね。

もしかして、柔軟剤の売上落ちてる? それかアロマジュエルをもっと売りたいだけ?

 


公式サイトより

 

柔軟剤よりも吸水性がよくなると謳っております。

そりゃ、接着剤と同じ成分の柔軟剤を衣類に使わなくなれば吸水性がよくなるのは当たり前。

と言っても、柔軟剤を使った衣類の吸水性が即よくなるとは考えにくく、CM のような効果は誇大だと思いますけど。

 

それで恐ろしいのは、もともとアロマジュエルって臭すぎるところに『レノアシリーズと比べて持続3倍の香料』とあるところ。

アロマジュエルって出た当初から激臭なんですけど、さらにそれを上回る激臭製品をリリースしたことになります。

香料ジャンキーの皆さんはすでに嗅覚が破壊されてますから、激臭に気づかず『いい香り♪』とご機嫌になると思いますが、なぜそこまで香料を強くしないといけないのかを考える必要がありますよね。

新コロと同じで香料ジャンキーの皆さんはいわゆる B 層の面々。

元から考えることを嫌い、CM の新製品に飛びつく傾向が高いですから、いい香りなんだからそれでヨシ!って落ち着いてしまうのでしょうけど。

 

そもそも合成洗剤を使うから衣類は固くなるし、汚れは落ちないし、だから生乾き臭が半端ないわけで。

だから、衣類が柔らかくなり(柔らかくなりません)、生乾き臭をマスキングする(決して消臭ではありません)柔軟剤やアロマジュエルに手を出すのです。

言ってみれば、メーカーのマッチポンプなんですよ。

衣類をあえて固くし、汚れを落とさずに臭くする ⇒ 柔軟剤を買ってもらう という流れ。

特に日本人は根本から改善することに抵抗感を持ちやすい民族ですので(「臭いものに蓋」ということわざがあるくらいですから)、メーカーの策略にまんまと乗っかるわけです。

そして、B 層が圧倒的に多いですから、何も考えず、裏の成分表を確認することなく、表面上のいい香りに騙されて使い続けます。

 

CS を発症した側の人間から言わせていただければ、香料製品って害でしかないです(もちろん、香料がもたらすリラックス効果などは認めます。ただし、それは人工的に作られた香料ではないことを明記しておきます)。

柔軟剤などの香りが長続きすることは疑わないのに、例えばタバコや焼き肉、腐敗臭などが長続きしたら疑うのか。

結局は自分にとって都合がよいか悪いか、なんですよね。

 

いい香り~と感じているその製品、本当に安全だと思ってますか?

もしかしたら、安全かどうかの意識もないかもしれませんね。

ジャンキーの皆さんは思考停止だから 😆 

 

というわけで『あの人めちゃくちゃ(柔軟剤)臭いね』と陰で言われていることに気づかない人がアロマジュエルに乗り換えるぞってお話でした。

柔軟剤とアロマジュエルを取っ替え引っ替え使われる洗濯機が本当に不憫でなりません。

正しい洗濯方法を識れば、柔軟剤などの香料製品なんて必要ないのにね。

 

当院は 香料で体調を崩す方を受け入れている鍼灸院 です。「香りが長続き」「本格消臭」などと謳う、柔軟剤や合成洗剤などの香料製品を日常的に使用している方は予約・来院をご遠慮ください。また、新型コロナワクチンを接種できない方を保護する観点からワクチン接種済みの方もご遠慮いただいております。詳しくはこちらをご覧ください

ワクチンを射ってしまった方、香料製品がやめられない方は 遠隔治療をお試しください。来院せず治療を受けることが可能です ⇒ 遠隔(波動エネルギー)治療のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。