酸化グラフェンの役割

https://www.orwell.city/2021/09/arrhythmias.html

酸化グラフェンがアスリートに対してネガティブに働き、不整脈による突然死を招くということをホセ・ルイス・セビリアーノ博士がビデオで解説されています。

英語字幕も付いていましたが、テキストになったものを機械翻訳して以下に貼ります。

リカルドデルガード:ホセルイス、こんばんは。

セビリアーノ博士:こんばんは。

リカルド・デルガド:冒頭で私たちが見たと言っていました…まあ、残念ながら、ラ・キンタ・コラムナのプログラムは一連の…死亡記事のリストになりつつあります。

今日、私たちは40歳、21歳、24歳の少なくとも9人のサイクリスト、一部はプロ、その他はアマチュアに関するニュースを読みました。 しかし、彼らは突然死ぬアスリートのニュースです。いくつかのケースでは、非常に具体的な方法で環境理論を裏付けています。これらの人々がアンテナの前で亡くなったケースです

これにより、私たちがいつも反対のことを言われているのに、スポーツが心臓を悪化させることを正当化しようとしていることも理解できます。それは心臓発作に対して防爆でした。あまり多くない限り、いくつかのスポーツを練習することは、心臓血管系を機能させました。安静時の心拍数を下げました。それが私たちが知っていたことでした。しかし、私たちは、彼らが私たちが正確であると知っていた小さな科学を変えるだろうと感じています。彼らは彼らの興味に応じてそれを変えるつもりです、それは彼らがいつもしていることです。

セビリアーノ博士:それについては間違いありません。

心臓刺激伝導組織のグラフェンが不整脈の引き金になっているような気がします。それはまるで奇妙なペースメーカーを持っているかのようで、スポーツをするときにそれを興奮させると、それが放出できるエネルギーを増やします。そして、結局、それは致命的な不整脈を生成することになります。それがアスリートにおけるグラフェンの役割です。

つまり、心臓をスピードアップすると、グラフェンが興奮し、より多くのインパルスを生成します。つまり、心臓のどの焦点においても、不整脈が発生する場所を作り出しているのです。それが若いスポーツ選手を殺しているのです。それらは心臓発作ではありません。ただし、いくつかあるかもしれません。すでにいくつかの画像を見てきました。

しかし、一般的に、胸の痛みやそれを告げるものがない突然死は不整脈です。そして確かに、グラフェンが心臓の伝導組織と心筋組織に浸透することによって引き起こされます。 つまり、これは、たとえば、心臓の論理構造を通じて自然によって課せられたリズムを尊重する代わりに、不整脈の病巣を生成している病巣を生成する必要があります。

グラフェンが励起した瞬間に、活動が発生し始めます。あなたは体温を上げ始めます。さらに、電気レベルでの心臓内活動、筋細胞の分極、および伝導組織の脱分極を増加させています。 エネルギーを増やすと、グラフェンが励起され、異常なインパルスが生成されます。このインパルスは、ある時点で、通常のインパルスから引き継がれます。それが人々を殺しているのです。

それが彼らが私たちに言う理由です、注意してください。「スポーツをしないでください」。なぜなら、スポーツをする人は誰でも突然死する可能性があることに気付いたからです。そして、ケースが多すぎると、人々は動揺し始めます。それが彼らがあなたに言っている理由です、「スポーツをしないでください。じっとしなさい。」彼らはそれを隠すようにあなたに言っているからです。そうすれば、あなたはスポーツをせずにいつでも死ぬでしょう。彼らが望まないのは、あなたが原因を探すことです。あなたがそれを探すならば、あなたはそれを見つけるからです。しかし、事は…

リカルド・デルガド:ホセ・ルイス、サイクリングやマラソンなどの持久力スポーツは、より多くの心血管活動があるスポーツです。

セビリアーノ博士:飽和状態が長くなるほど、つまり心臓が活性化するほど、グラフェンがあなたに影響を与える可能性が高くなります。マラソンランナーやサイクリストなどのアスリートは、長期間活動を続けます。彼らは自転車に乗るか、走るのに多くの時間を費やします。そして、彼らが活動している時間が長ければ長いほど、不整脈を引き起こす可能性が高くなります。しかし、別の人もそれを開発しようとしています。通りを平均的なペースで歩いている別の人。

リカルドデルガード:それは私があなたに言うつもりだったものです。70歳の人にとって、スポーツをすることは朝の散歩から成ります。

セビリアーノ博士:朝の散歩。丁度。覚えておいてください…これらの人々に、彼らの活動が増加したときの彼らの心臓のカロリーまたは電気的活動に、例えば、彼らがアンテナの前を通過するという事実を追加してください。何がさらに増えるのか…これはエネルギーの問題です。グラフェンはそれらを乗算します。そして、あなたが運動によって体温を上げ、電気的活動も増やすと、1秒あたりのインパルスが増えます。あなたはあなたの解剖学的構造でより多くのエネルギー容量を生み出しています。そして、グラフェンはそのすべてのエネルギーを受け取ります。アンテナも追加すると、エネルギーが蓄積されて解放されます。 グラフェンは何も保持しません。 それを拾って送り出します。

次に、運動によってエネルギーを生成する能力を高め、これらのアンテナの1つに近づいた場合、エネルギーはどこかに出てきます。 問題は、エネルギーが心臓から出てくると、心臓が不整脈を起こすことです。 それらを作らないように準備されていますが、磁気電気毒素を追加した場合は、さようなら。

その全体の構造は、特定のリズムで断続的な電気インパルスを生成する伝導組織の適切な機能に依存します。この構造は、1つが失敗すると、別の構造が引き継ぎ、次に別の構造になります。最終的に、それらのどれも機能しない場合、毎秒40インパルスで引き継ぐのは心臓です。しかしもちろん、心臓…私は質量、心筋、筋肉の質量を意味します。

しかしもちろん、毒物を追加した場合…どのグループでも、ある特定のポイントで他のポイントよりも多く蓄積された毒物があり、そこでインパルスが生成されます。そして、それは障害、災害、つまり致命的な不整脈を引き起こします。

ケムトレイルもあるのでワクチン接種だけが酸化グラフェンを取り込んでいるとは思えませんが、それでもワクチン接種者の方が大量に酸化グラフェンを取り込んでいることは確実です。

もともと心臓は心筋、血管、神経が電気刺激によってバランス良く噛み合うことで動いています。しかし、体内に酸化グラフェンがあると心筋、血管、神経の働きを阻害するといいます。

アスリートだけではありませんが、ワクチン接種後に心筋炎で亡くなっている方もかなり多く、酸化グラフェンがその要因の一つになっていそうです。

 

そして、

  • 運動によって心拍数が増大すると、体内に取り込まれた酸化グラフェンが働いて不整脈を起こすというパターン
  • 高圧電線など、電磁波が多く発生していると、体内に取り込まれた酸化グラフェンが働いて不整脈を起こすというパターン

があることが分かってきたようです。

 

老いも若きもワクチン接種を済ませているようです(日本でもそろそろ9,000万回に達する見込み)。ジョギングやウォーキングを日課としている接種者も多いことでしょう。

博士が指摘するように、不整脈で絶命したくなければ運動をやめるしかなさそうです。

特にジョギング・ウォーキングコースに携帯基地局( 5G は最悪)、高圧電線、繁華街、駅、ビルなど電波が飛び交う場所がある方は要注意です。

上述しましたが、ワクチン接種者でなくともケムトレイルの影響でアルミニウムなどの金属を気づかぬ内に溜め込んでいることも想像に容易いです。

ワクチン接種者は激しい運動を避ける、非接種者は体内に溜まった金属を排出する、5G など電波が強いところは避けるといった工夫が必要でしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です